無料会員登録

\日本屈指の泉質を誇る川湯温泉源泉掛け流し/摩周湖・屈斜路湖に隣接

名湯の森ホテル 川湯温泉 きたふくろう

北海道 | 川湯温泉

旅館・ホテル

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-9-15
駐車場
有り:30台無料(先着順)
交通情報(電車)
JR根室本線釧路駅乗換、川湯温泉駅下車、タクシー5分

最寄駅
JR線 川湯温泉駅
交通情報(車)
女満別空港・中標津空港より車で約1時間・釧路空港より車で1時間30分
その他交通情報
・川湯温泉駅下車、タクシー5分
・札幌発都市間バス、網走行は、中央バス札幌ターミナルより運行しております。
席のご予約は一ヶ月前より可能。詳細は、予約センター(011-231-0600)へお問合せ下さい。


最寄空港
釧路空港 / 女満別空港 / 中標津空港
無料送迎
送迎あり(送迎バスは要予約制)

周辺地域
情報

摩周湖
摩周湖 周囲約20km、最大水深212m。湖には流入する川も流出する川もなく、有機物が出入りしづらい。夏場でも14℃前後と年間を通して水温が低いため、植物も含めてあらゆる生物が生息しにくい環境にある。これらの要因から湖水に不純物の発生する条件が少なく、高い透明度を保っている。中央にはカムイッシュ島が浮かび湖面にアクセントを加えている。アイヌの人々がカムイトー(神の湖)と名付け、まさに神の住む領域としてあがめてきたが、神秘的なたたずまいはその名にふさわしい。
屈斜路湖
屈斜路湖 周囲57kmの屈斜路湖は、阿寒国立公園で最大、道内でもサロマ湖に次ぎ2番目に大きい。アイヌ語で湖が川になり流れ出すところを意味するクッチャロが語源。南岸に和琴半島が突き出し、湖上に中島が浮かぶ。
和琴半島
和琴半島 アイヌ語でワッコチ(魚の尾のくびれたところ)と呼ばれる「和琴半島」。半島の頭に当たる部分は、屈斜路カルデラの中から噴出した溶岩円頂丘。先端部のオヤコツ地獄は今でも火山活動を続けているそうです。また1時間ほどで巡る自然探勝路には、北海道ならではの動植物や景勝・温泉などが見られます。夏は、大勢の観光客とキャンパーで賑わいをみせ、冬には、温泉と白鳥が訪れる観光スポットです。
神の子池
神の子池 摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池。摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子」池と呼ばれるそうです。他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も、湖から流れ出す川もないこと。春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、湖の周辺に伏流水を湧き出させているから。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す