無料会員登録

趣の異なる無料貸切露天風呂と個室で食す色彩豊かな会席料理が自慢です

妙湶和樂 嵐渓荘

新潟県 | 燕三条

高級宿 旅館・ホテル

アクセス・地図

住所
新潟県三条市長野1450
駐車場
50台無料
交通情報(電車)
JR燕三条駅→タクシー・バス約40分

最寄駅
JR線 燕三条駅
交通情報(車)
(関東方面より)
東京/練馬IC→関越自動車道→244.5km 長岡JCT→北陸自動車道→三条燕IC 27.6km
およそ3時間30分 

(信州方面より)
長野IC→上信越自動車道→84.2km 上越JCT→北陸自動車道→三条燕IC 91.5km
およそ2時間15分 

(会津方面より)
磐梯熱海→磐越自動車道→133.1km 新潟中央JCT→北陸自動車道→三条燕IC 29.8km
およそ2時間 3950円(普通車)

(北陸方面より)
富山IC→北陸自動車道→三条燕IC 213.2km
およそ2時間40分 

最寄IC
北陸自動車道路 三条燕IC
その他交通情報
★1日1便駅まで無料送迎(要予約)しております
燕三条駅(燕側出口) 14:45発⇒東三条駅 15:05経由⇒嵐渓荘着 15:35到着
[ ご予約の際に送迎バス利用をお申し出ください・要予約]

★燕三条から東三条へのバスは「東三条」行き、
もしくは「加茂」行きでご乗車ください。
注意事項
現在,吊り橋からは入れません…吊り橋口は平成16年7・13水害のため 閉鎖中です。
無料送迎
【無料送迎・要予約】燕三条駅14:45発→東三条駅15:05経由→嵐渓荘15:35到着

周辺地域
情報

八木ヶ鼻
八木ヶ鼻 高さ100メートル以上の切りたった崖が五十嵐川の上流にそそり立ち、 岩肌を朝日が照らす姿は神々しくもあります。ここはハヤブサの生息地としても知られています。 自然の恵みを一身に受けた下田村は、春は淡く、夏は強く、秋は艶やかに、そして冬はしっとりと、 季節の度に塗り替えられる大地に描かれた絵画のように、住む人を、訪れる人の目を楽しませてくれます。

宿から往復 徒歩60分 自転車20分
大谷ダム・笠堀ダム
大谷ダム・笠堀ダム 大谷ダムは、石を積み上げて作られたロックフィル式の大変珍しい多目的ダムで、ひめさゆり湖周辺は、自然を生かした水辺広場として公園化されている。全長265mの大壁画には、下田村の豊かな四季折々の自然が描かれている。笠堀ダム笠堀の深山幽谷に、昔からアオシンと呼ばれて、カモシカが生息していました。 カモシカはすでに昭和9年、国の天然記念物に、同30年には特別天然記念物に指定されています。
漢学の里
漢学の里 生涯を通じて、漢学研究に情熱を傾けた諸橋轍次博士は、明治16年6月4日、下田村に生まれました。悟空東京高師卒業後、都内の大学教授を経て、戦後は都留文科大学学長に就任。この間50余年にわたり儒学を研究、大漢和辞典編纂という偉業を成し遂げました。

宿から往復 徒歩120分 自転車60分
しただの森の美術館
しただの森の美術館 小さな種を一番大切な友に託したことから始まって5年目。こんなに環境のよい場所に夢の花を咲かせてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです…〈下田の森の美術館によせて/さだながまみ 冒頭の言葉〉」しただのもりのびじゅつかん「夢は見るものではなく夢は叶えるもの」という言葉を胸に、貞永マミ新潟後援会が立ち上げられたのが平成14年。それから5年。大勢のボランティアの協力もあり、かつて別荘として建てられた洋館をリニューアルさせ美術館としてオープンさせました。

宿から 車25分
吉ケ平(よしがひら)、雨生ヶ池(まごいがいけ)
吉ケ平(よしがひら)、雨生ヶ池(まごいがいけ) 下田村最奥地の集落跡。昭和45年、極度な過疎地対策として閉村し集団下山しました。現在は、当時の分校だった建物が、宿舎としてただ一つ残っています。

  下田村から福島県只見町まで越後と会津を結ぶ道、「八十里越」の宿場町として栄えた吉ヶ平。吉ヶ平昭和46年に集団離村となり、800年の歴史を閉じました。 吉ヶ平山荘からなだらかな山道を約30分歩くと、周囲がブナの原生林に覆われた雨生ヶ池にたどり着きます。 池の主の娘の悲恋伝説を今に残し、神秘的なたたずまいを見せております。

宿から 車20分

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す