無料会員登録

心優しき湯の里、熊本県山鹿市(やまが市)の山鹿温泉「山鹿ニューグランドホテル」で癒しのひとときを

熊本旬彩の宿 ゆとりろ山鹿(旧 山鹿ニューグランドホテル)

熊本県 | 山鹿温泉

旅館・ホテル

アクセス・地図

住所
熊本県山鹿市宗方通702
駐車場
有り 100台 無料 予約不要
交通情報(電車)
JR 玉名駅よりバスで約50分(山鹿バスセンター下車)の後、徒歩10分
交通情報(車)
福岡IC又は太宰府ICより九州自動車道に入り熊本方面へ~九州自動車道菊水IC~ICを出て左折(県道16号)山鹿・菊池方面へ約10キロ
その他交通情報
最寄空港
熊本空港
無料送迎
※JR新玉名駅、JR新大牟田駅 または九州自動車道 菊水ICまで団体15名以上は送迎バスにて無料送迎

周辺地域
情報

山鹿温泉元湯 さくら湯
山鹿温泉元湯 さくら湯 明治初期の大改修以降、市民温泉として愛されてきた山鹿の元湯が、明治以来の往年の姿に再生されました。唐破風のある南北の玄関や十字にクロスした独特の屋根の形、貴賓客が使用した「龍の湯」など、江戸期の建築様式を可能な限りに再現した「さくら湯」。他の温泉では味わえない圧倒的なスケールと趣を、ご堪能ください。
山鹿灯籠民芸館
山鹿灯籠民芸館 かつての安田銀行(大正14年(1925))の内部を改造し、昭和62年4月にオープンしました。木や金具を使わず、和紙と少量ののりだけで作られる伝統工芸品「山鹿灯籠」は、古くから大宮神社への奉納のために作られ、伝えられてきたものです。室町時代の金灯籠に始まり、その後長い歴史の中で神殿造り・座敷造り・城造りなどと多様化してきました。その山鹿灯籠が館内に展示され、多彩な灯籠師たちの匠の技を見ることができます。
八千代座
八千代座 八千代座(やちよざ)は、明治43年に、旦那衆と呼ばれる山鹿の実業家たちの手によってつくられた芝居小屋です。そのころの山鹿は交通の要衝として物流の拠点であり隆盛を極めていました。八千代座は当時の豊かさの象徴であり、レベルの高い文化・芸能を楽しむ場として建てられたものです。昭和63年に国指定重要文化財に指定され、坂東玉三郎さんの公演や、この芝居小屋に寄せる山鹿の人々の情熱は、華やかだったあの頃を再び蘇らせてくれています。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す