無料会員登録
金田一温泉について

金田一温泉は、岩手県北の秘湯。馬淵川のほとりにあり南部藩の時代から温泉に恵まれたこの地には、9軒の温泉宿と日帰り入浴施設も数軒あります。座敷わらしの里として知られており、太古の歴史や豊かな自然に触れることができる馬淵川河畔、座敷わらし伝説が生き続ける亀麿神社、三浦哲郎の世界が広がる分教場講堂、ダンジャ坂、ゆかりの家、地元のあたたかさに触れる金田一温泉センターと、ゆたかであたたかな場所がいっぱい。「ユタとふしぎな仲間たち」をはじめ、その自然と風土に影響を受けた作品を多数作り出した芥川賞作家、三浦哲郎の思いが深く残っている里です。田んぼから湯が沸いていたことに由来して、以前は湯田温泉という名称であり、江戸時代には盛岡南部藩の指定湯治場となり、「侍の湯」と呼ばれ、その当時から温泉街として成り立っていたようです。金田一のあたたかな場所で、あたたかな何かを見つけに行きませんか。

金田一温泉周辺の旅館・ホテル

金田一温泉 仙養舘

~ 24時間温泉満喫 ~ 自然素材の食事を【 お部屋で楽しめる宿 】

金田一温泉 仙養舘

岩手県 | 二戸

旅館・ホテル

住所:
岩手県二戸市金田一字大沼24
クチコミ平均点
-.-

◆源泉かけ流しのやわらかい湯や自然素材の料理を部屋で楽しめる宿 春は家族で採りに行く山菜、夏は板前が釣る鮎、秋は取れたてが揃うキノコ、冬はそば粉で作るつっつけ、そして鴨ダシたっぷりのひっつみ等、季節の料理をお部屋でゆっくり楽しむことができます。 ◆金田一温泉 泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ低温泉) 歴史のある名湯で、江戸時代には盛岡南部藩の指定湯治場となり、『侍の湯』と呼ばれていました。 近年は『姿が見えた者は出世する』という言い伝えのある、座敷わらし伝説でも有名です。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す