お客様総合評価
4.0+

情緒ある石畳の温泉街、渋温泉の外湯4番湯「竹の湯」の隣。自家源泉の貸切風呂も利用無料

渋温泉 金喜ホテル

長野県 | 渋温泉

旅館

全国でも屈指の温泉情緒溢れる石畳の渋温泉街。

渋温泉は昔から「天下の薬湯」として知られ、
温泉街の9つの外湯を巡浴すれば病気も治り
苦も流してくれるという「長生きの湯」の別名もあります。

その外湯4番湯「竹の湯」の隣に金喜ホテルはあり、
湯巡りは勿論、自家源泉の檜風呂と共に温泉を思う存分お楽しみ頂ける湯宿です。

また、渋温泉の中ではご宿泊料金もリーズナブルで、
気軽に渋温泉を体験出来る宿としてにご愛顧頂いております。


館内の貸切風呂は、清掃時以外いつでも入浴可能で、
鍵が空いている限り、どなたでもご自由に無料で入浴して頂けます。
檜の香りと少し硫黄の香りの漂う浴場で寛ぎの時間をご堪能ください。

当館は素泊りや朝食付のお客様を多くお泊り頂いており、
電子レンジ等も自由にご利用頂いております。

閉じる

宿泊可能なプラン一覧

  • 【檜の貸切風呂無料!】 カップルやご夫婦にもオススメ★渋温泉散策に便利な素泊まりプラン
    食事なし
    和室 残り1室
    和室12畳[トイレ付].

    他社価格/大人1名平均

    4,600

    トクー!会員価格/大人1名平均

    3,680

    20%OFF
    2名で1,840円引
    有料会員限定
    明日割
  • 【1泊朝食付】ほっこり和む和朝食と24時間無料貸切風呂付♪リーズナブルに渋温泉を楽しむお手軽プラン*
    朝食付
    和室 残り1室
    和室12畳[トイレ付].

    他社価格/大人1名平均

    5,800

    トクー!会員価格/大人1名平均

    4,640

    20%OFF
    2名で2,320円引
    有料会員限定
    明日割

宿基本情報

[住所]
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2073 MAP
[客室数]
6室
[最大宿泊人数]
50人
[築年/改築年]
1961年 / -
[食事]
食事なし、朝食付、2食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
湯田中駅

宿からのメッセージ 18/05/30 16:40更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 単純温泉
効能 動脈硬化症、慢性婦人病、虚弱児童、慢性皮膚病、火傷、切り傷
備品 ドライヤー、タオル、バスタオル、カミソリ、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
将棋 無料で貸出致します。フロントにお問合せください。
宴会場 ご要望に応じて各種宴会承ります。
自動販売機 清涼飲料水/酒
高速インターネット 無線LAN完備
ご予約に関するインフォメーション
※お支払いは現金のみとなります。
補足・注意事項
・幼児料金 無料(添い寝)
・ペット同伴不可
・夕食受付最終時間:10時

ホテルのクチコミ

総合
5

ID: てくてく

風情のある温泉街でした

建物は昭和の温泉街の風情があって、道路側で余計に風情がありました。
トイレも部屋にあり、冷蔵庫も。
すぐ隣が共同浴場、宿泊先の内湯もいいし、貸切風呂も綺麗な木のおふろでした。
夕食の豚丼も美味しかったし、朝食味もしっかりとしたものでお腹いっぱいでした。
有難うございました。
部屋のドアが開けるとき全開できませんが、特に気にならないです。でも、もう少し開くといいかな...

総合
3

ID: てらさん

家庭的な旅館です

【部屋】
昭和の旅館です。部屋の設備も昭和を感じます。
何処からか大きなゴキブリが入ってきたので、殺虫剤で退治しました。
【対応】
小さな旅館で旅館の方に合うことはほとんどありませんでした。
【食事】
ボリュームはありますが、家庭料理っぽいです。
天ぷらは、揚げたてのサクサク感はありませんでした。
茶碗蒸しは、美味しかったです。
【風呂】 続きを読む

総合
4

ID: hikaru

充分です

これまでどこで宿泊してもご飯が足りなかったのに、今回は食べきれませんでした。充分な量に満足です。

地獄谷野猿公苑が最終目的地でしたが、季節などによって出ない日があると教えていただきましたし、サルの出現情報をいただいたので良かったです。

チェックアウトの日、サルが出てないと教えていただきながらも淡い期待をして野猿公苑へ行きました。
やはり出ませんでした。雨の中延...

続きを読む
  • 御利益散歩道

    温泉街の山手につづく寺や神社を訪ねる気軽な散歩道。
    大湯前の石段を上り、高薬師さんがスタートです。

  • 湯ったり観にギャラリー

    まだ、少ないですが渋温泉街に私設ギャラリーが次々に誕生しています九湯めぐりをしながら、おみやげを買いながら、小さなスペースに 飾られた個人のお宝をお楽しみください。