標高800M!100種類のバイキングと天然温泉もあり、爽やかな高原の風を感じられるリゾートホテル

ホテル アルペンブリック

新潟県 | 妙高高原 池の平

旅館

美しい眺望にめぐまれたホテルアルペンブリックは、
池の平温泉スキー場直営ホテルで、1年を通じて温泉、
ハイキング、そしてスキーとお楽しみいただけます。

中でも「妙高高原ビール」はホテルに隣接された工場で製造され、毎日新鮮な地ビールを味わうことが出来ます。

さらに当館自慢の露天風呂は野尻湖が遠望できる高台にあり、黒い湯花が舞う源泉掛け流しのにごり湯でお肌もしっとり。
高原の美しい景色を眺めながら、ゆったりと濃厚なお湯をお楽しみください。

ゆっくりとリラックスできる客室は
和洋室、和室の全2タイプをご用意しております。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
新潟県妙高市池の平2452 MAP
[客室数]
78室
[最大宿泊人数]
400人
[築年/改築年]
1978年 / 1997年
[食事]
食事なし、2食付、朝食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
妙高高原駅より送迎。9:00~16:00までの間で可能でございます。前日までにご予約ください。

宿からのメッセージ 18/08/28 10:11更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 硫黄泉、単純温泉
効能 慢性婦人病、慢性皮膚病、一般的適応症
備品 タオル、バスタオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
会議室 ミーティング使用可
自動販売機 1階に牛乳など乳製品、2階に缶ジュース、たばこ、製氷機がございます。
スキー乾燥室 正面玄関横にございます。
宅配便 有り・ヤマト運輸
高速インターネット 全客室、レストラン、ロビーに無料WiFi完備、
パソコン ロビーに1台インターネットの出来るPCを設置、印刷は出来ません(無料)
禁煙ルーム 全室禁煙でございます。 館内に1カ所と夕食会場に1カ所、計2か所ございます。
クリーニング 滞在者向けに対応しております。フロントまでお申し出くださいませ。
ゴルフ場 近くのゴルフ場をご紹介いたします。
コインランドリー 3階に24時間対応2台ございます。
現地カード決済 VISA/JCB/American Express/Diner's Club/Master Card/ORICO
バリアフリー 施設内手すり
コンビニ 冬期のみ、ヤマザキデイリーショップ有り。
加湿器 貸出(フロントにお申し付けください)
ご予約に関するインフォメーション
電車でお越しのお客様
9:00~16:00までの間で妙高高原駅より送迎サービスをしております。
定期便ではありませんので事前にホテルに到着時間をお知らせくださいませ。
チェックインは15:00からとなっております。予めご了承ください。

補足・注意事項
お布団敷きは行っておりません。セルフサービスとなっております。予めご了承ください。

全室禁煙でございます。ロビーに専用喫煙所、1か所ございます。

無料送迎あり(妙高高原駅より、要事前連絡)飲食物の持込可、宅急便サービス

ホテルのクチコミ

総合
3

ID: ゆうれいママ

お世話になりました

バイキングは種類が豊富で美味しかったです。当日は雪が舞うほどの天気だったので、体育館のように広いレストランは、少し寒く感じました。エレベータがないため、移動に不便を感じました。

総合
2

ID: やきち

すべてが微妙

エレベーターなし、カーテンなし、ゲームコーナーもなし。ホテルに着いても階段が面倒で部屋からあまり出なかった。
露天風呂洗い場が2つしかなく混雑してたが温泉は源泉で良かった。内風呂狭すぎる。
ロビーの女の人の愛想のなさ…イラッとした。
ご飯は美味しかったがデザート少ない。ご飯のお兄さん達は対応良かった。
スキー客の為のホテルだからか夏に行っても楽しめない。雨だったのもありま...

総合
4

ID: ユーミン

ありがとうございました

お天気に恵まれ 楽しい旅でした

  • 野尻湖

    ヨット・ウインドサーフィンなど楽しいウオータースポーツのメッカ。ナウマンゾウ化石が出土する湖としても知られており、発掘調査が行われます。県下最大級500人乗り遊覧船「雅」、船内で野尻湖周辺の説明が聞ける「第3野尻湖丸」、かわいらしい船体の小型クルーズ船「ツインビー」の3隻が野尻湖をご案内します。貸切のクルーズプランもご用意しています。

  • 笹ヶ峰牧場

    標高1,300mに広がる緑の牧場放牧時には数百頭の牛の姿が見られる。遊歩道も整備され、毎年6月には放牧が始まり、牧場のあちこちで牛がのんびりと草を食む姿が見られます。牧場内の遊歩道にはウッドチップが敷かれ、陸上の準高地トレーニング地としても注目されています。