お客様総合評価
4.5+

グリーンツーリズムの宿 ロッジ白道

魚沼の自然が一望!家庭的なおもてなし

新潟県 | 塩沢石打

ペンション

一度来ていただくと多くの方がリピーターになって頂ける方が結構おられます。
当ロッジ白道(はくどう)は、自然豊かな新潟は魚沼の里、Mt.グランビュースキー場の中腹に位置しており、ロッジから魚沼の自然が一望できます。
高台の当宿から見渡す景色は絶景!
一面の銀世界から、鮮やかな新緑、そして見事な紅葉へと四季を通してお楽しむことが出来ます。
芝生の庭ではバーベキューなどもお楽しみ頂けます。

空室、または予約できるプランが見つかりませんでした。
条件を変更して再度お試しください。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 15/02/12 10:34

土日のみ販売しております。 ご予約お待ちしております。 ■魚沼の郷 塩沢に伝わる昔のお釜「ぬか釜」(要望により別料金)で ご飯を炊いております! ■お食事は? 農薬や化学肥料を極力使わない「やさしい農法」で栽培した自慢の「野菜とお米」。 心をこめた手作り料理をお召し上がり下さい。 当地魚沼は、言わずと知れたお米の産地。 日本一の「魚沼コシヒカリ」もたらふくお召し上がり頂けます。 ホントのコシヒカリって、とっても甘くて美味しいんです。ぜひわが家でおためし下さい。 料理作りは手間を惜しまないのがわが家のスタイル。 アットホームな雰囲気でやさしい美味しさをどうぞ。 食事どき、窓から見下ろす夜景も料理の素敵なスパイスに…  どうぞゆっくりとおくつろぎ下さい。

施設情報

住所
新潟県南魚沼市宮野下1673-10 MAP
客室数
16室
最大宿泊人数
40人
築年/改築年
1976年 / -
食事
2食付
チェックイン/チェックアウト
12時00分 / 13時00分
送迎
越後湯沢駅*事前にご連絡お願いします。

浴場設備

備品
ドライヤー、石鹸、リンス、シャンプー

施設・設備

自動販売機
カラオケルーム
マッサージ
スキー乾燥室
禁煙ルーム
ベビーベッド
除湿器
宅配便
最寄駅徒歩圏内
石内駅
屋外プール
夏のみ

ご利用に際して

一般情報
四季を通して営業しています。
春夏秋の季節は車での直接乗り入れ出来ます。駐車場(無料)も在ります。(冬季 土・日・祝日有料)
ロッジ白道は家族経営。余裕をもっておもてなしできる人数が定員です。ご了承くださいませ。
ロッヂ白道は親子3人で勝手気ままにあるがままの姿で開設しています。メンタルケアスペシャリストの資格を持つオーナーをはじめ、マイウェーの対話対応を心掛けております。
スキーシーズンは、MTグラビュースキー場の駐車場をご利用できます。土・日・祝日は有料(1泊2日で1,500円)、平日は無料です。
駐車場まで、スノーモービルでお迎えに行きます!
また、付近にはコンビ二・レストラン等はございませんのでご注意下さい。(朝食・昼食・夕食はご用意できます。)
補足・注意事項
レンタルスキー1日1050-2100円、部屋食不可、夕食最終時間20時まで提供可能、無料送迎有(越後湯沢駅・石打駅より 要事前連絡)、飲食物の持込可、宅急便サービス、ペット同伴不可

当館はクレジットカードでのお支払いはご遠慮させていただいております。予めご了承下さい。

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

050-5846-4327

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

55

項目別の評価

部屋
4/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
3/5
眺望
5/5
環境
3/5

総合評価

55

項目別の評価

部屋
5/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
4/5
眺望
5/5
環境
5/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
3/5
対応
4/5
食事
4/5
風呂
3/5
眺望
3/5
環境
3/5

周辺情報

  • 雲洞庵

    金城山の麓に所在する曹洞宗のお寺です。県の指定文化財になっている本堂は、室町時代永享年間、上杉憲実公によって建立されました。その後、江戸時代宝永4(1707)年に、新潟県出雲崎の小黒甚内を棟梁とする大工群によって再建し、近世寺院建築のもっとも優れたものとされ、県の文化財にも指定されています(新潟県指定文化財 昭和61年3月28日指定)。本尊釈迦牟尼仏、脇侍、迦葉尊者、阿難尊者、十六羅漢を安置しています。

  • 関興寺

    約600年の歴史をもち、かつては参禅弁道の道場として知られ、上田長尾氏、上杉氏と深い関わりを持った臨済宗のお寺です。最盛期は、越後、越中、加賀、能登、信濃の五カ国に約300ヶ寺の末寺を有し、修行僧は300人を数え、別格大本山、十万石の格式を与えられました。天正6(1578)年、『御館の乱』で戦火を受けた際、約600巻の大般若経を味噌桶の中に入れて守ったという言い伝えがあります。