無料会員登録
お客様総合評価
4.0+

開湯1200年、湯けむりたなびく肘折温泉。秘境の野天風呂で最高の癒しのひととき

開湯1200年の秘湯 肘折温泉 ゑびす屋

山形県 | 肘折温泉

旅館・ホテル

◆山々のふところ深く、湯けむりたなびく肘折温泉のゑびす屋
しっとり落ち着いた天然杉の香り漂う和室がお客様をお迎え致します
当館の各部屋に飾られる真下慶治画伯の絵を楽しむ事も出来ます
広縁の窓には雄大な山並みの眺望が広がり四季折々も美しい景観が味わえます
湯けむりに包まれる時ほのぼのと深まる旅情を心ゆくまでお楽しみ下さい

◆石抱温泉
当館で管理する石抱温泉は肘折の街から車で10分ほど
これ以上は行けないと思うような所にやっと石に刻まれたその名前が現れます
利用ご希望の方は前もってその旨をお伝え下さい(予約時のご相談もOKです)
*ご利用頂ける凡その期間は5月~10月になります
温度が約38℃程度ですが炭酸の量が異常に多く
体が浮いてしまう為石を抱いて入浴するという事から石抱温泉となりました
5分ほど浸かっていただくだけで後から体がポカポカしてくる
正に養分100% 秘湯中の秘湯と言えるでしょう

提供先 プラン名 条件 宿泊料金(税抜) 詳細

宿基本情報

[住所]
山形県最上郡大蔵村大字南山526
[客室数]
13室
[最大宿泊人数]
50人
[築年/改築年]
1983年/-
[食事]
2食付
[チェックイン/アウト時間]
13時00分/11時00分
[送迎]
場合により可能 ご予約時備考欄に希望の旨をお書き下さい

宿からのメッセージ

16/07/01 18:58更新
肘折温泉郷は、開湯1200年を迎えました。
湯治場として栄えてきたこの温泉郷も、徐々に変革の時が近づいているのだろう。
旅館組合長でもある「えびす屋」の主人は、こんなコメントをしてくれた。
「世の中が変わっても、肘折温泉の湯治場としての基本姿勢は変えたくないと思っています。高齢者のイメージがありますが、湯治は本来、大多数の方々に必要なことです。色々な年代のお客様が、歴史ある文化や村のイベントにふれあい、 一層温泉を楽しんでいただく街にしていきたいと考えています。」

入湯税

大人
150円
子供
75円
乳児
0円
泉質
炭酸水素塩泉
効能
切り傷、火傷
備品
タオル
自動販売機
ドリンク類 他
コインランドリー
ご利用についてはフロントにご確認ください
高速インターネット
1Fロビーにて無線接続環境有り
ご予約に関するインフォメーション
5~8歳のお子様は入湯税を75円いただいております。
9歳以上は、大人と同金額(150円)いただいております。
補足・注意事項
・部屋食可(無料)
・飲食物の持込可
・ペット同伴不可
・Wi-Fi使用可能(1Fロビー付近のみ)
・アメニティ(湯治・素泊まりプランのみ料金発生)
・冬期間温泉暖房費 1名様300円
・石油ストーブ貸出可(石油1タンク700円)

土地柄、春秋のシーズンにはカメムシが発生する場合がございます。
特に晴れた暖かい日は多く発生する傾向にあります。
日により不快に思われる事もあるかと思いますが、どうぞご了承下さいませ。

ホテルのクチコミ

  • 総合
    5
    ID: よしママ
    温泉三昧2017年08月
    湯治プランで3泊しました 70代50代の2世代でお邪魔しました。 食事は、野菜たっぷりのお膳で美味しくいただきました。 温泉もいつでも入浴でき 楽しめました。 内湯の掃除中は共同風呂に無料で入られ、違った温泉でよかったです。 朝市も楽しかったです。 温泉街巡りのクイズ 散歩を楽しむのにもよかったです。
  • 総合
    4
    ID: hi77rose
    タイムスリップ2017年03月
    谷へ降りていくとそこには何とも言えないたたずまいの温泉街が。タイムスリップというか、千と千尋の神隠しというか。住んでおられる方々には失礼ですが、非日常の世界へ迷い込んだような感覚にとらわれました。気のよさそうなおかみさんと息子さんでしょうか、必要最小限ですが、感じのいい対応をしていただきました。湯治場の伝統を感じさせる部屋と料理。趣味のいいジャスがレトロながら良い音が響くスピーカーセットから低...
    続きを読む
  • 総合
    5
    ID: ポポちゃん
    良かったです。2017年02月
    温泉も良いし、料理も美味しいです。 追加で馬刺しを注文しますが、お薦めです。いつも、連泊をするのですが帰りたくないほどゆっくりできます。

クチコミをもっと見る (196件)

小松渕
小松渕肘折温泉の近く、鳥川の渓谷にある深い淵で「小松淵の大蛇」の伝説を秘めた景勝の地です。
肘折温泉朝市
肘折温泉朝市早朝6時から賑わいをみせる肘折温泉の風物詩です。
朝まだ明けやらぬ午前5時、近在の農家の人々が採りたての山菜や川魚、季節の農作物等を持ち寄りいっせいに店を開きます。
地元のおばちゃん達の明るく元気な声に
ちょっとしたお土産を求める方も多いですね。
4月末~9月(毎朝5:30~7:30)
10月~11月初旬(毎朝6:00~7:30)

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す