屋上ジャグジー露天風呂から眺める熱海の夜景は最高!

やすらぎの宿 みのや

静岡県 | 熱海

旅館

館内インターネット環境
館内AU・SoftBank両社の WI・FIが使えます
本館4階ロビー付近には、無線LANがご利用出来ます。
本館4階ロビー二は、PCも御座います

===============================

地元の新鮮な食材を使った四季の膳と、弱食塩水の温泉で、体も心も「じわり」と温まります。海真近の景色と家族的サービスでお客様をおもてなしさせて頂きます。是非、お越し下さい。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
静岡県熱海市和田浜南町7-47 MAP
[客室数]
21室
[最大宿泊人数]
85人
[築年/改築年]
1970年 / 1992年
[食事]
2食付、朝食付、食事なし
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
なし

宿からのメッセージ 12/09/08 14:56更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 塩化物泉
効能 冷え性、貧血、慢性婦人病、一般的適応症
備品 ドライヤー、タオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
将棋 1日1,155円 囲碁1日1,155円 麻雀全自動1日13,650円 手積み1日5,250円
会議室 宴会場としての利用も可能です。
売店 本館4階柏屋
自動販売機 ドリンク類、酒類、たばこ
コンビニ 本館4階柏屋
ゲームコーナー 南館LB階にスロットマシン
マッサージ フロントにお問合せください。40分4,000円です
ルームサービス マリンより軽いお食事やドリンクを
パソコン 本館4階に設置しています 又、ノートパソコンの貸出も致します。
加湿器
クリーニング 外注
宅配便 フロントにて取扱い致します。
喫茶店 南館LB階にマリン
高速インターネット 館内AU WIーFIをご利用になれます
禁煙ルーム 予約の際に申し付け下さい、ご希望に添えない場合がございます。
ご予約に関するインフォメーション
・最終夕食時間は、19時30分です。
・朝食時間は、7時30分~です
・露天風呂貸し切30望のお客様は、事前予約も可能です。
 当日15時~21時30分
 翌日 8時~ 9時30分の30分単位です。
 ※但しご希望に添えない場合も御座います。

*送迎は行っておりません。
補足・注意事項
【幼児料金について】
幼児料金は、年間通して下記の料金となります。
・布団+食事あり:4500円
・布団のみ:1155円
・食事(夕食)のみ:3345円
・添い寝:無料
【カードでの支払いについて】
すべてのプランは、現金支払いになります。 
*送迎は行っておりません。

ホテルのクチコミ

総合
2

ID: ちゃんねこ

ジャグジーが一個しかやってない

画像では2個ですが、実際は一個しかやってなかったです。
新館ー本館の行き来がむずかしく迷います。
そして天井が低く、汚いです。
料理もいまいち・・・
場所も駅から遠いです。。。
値段を考慮しても・・・

総合
2

ID: ひろ

寒い・・・

梅を見るついでに温泉に入りたくなり、当日予約で宿泊しました。
口コミを見て、ある程度覚悟はしていましたが・・・・

まず、口コミから和室はヤバイと思っていたのでw
予約は、バス・トイレ付きの洋室にしました。

まず、建物。
本館と新館の二棟からなっているようですが、どちらも古いです・・・

自分達の部屋は新館でしたが、この宿のカテゴリである...

続きを読む
総合
2

ID: kii

チョット??でした

急に思い立って当日の午後予約して行きました。
まぁ、部屋は値段なりかなぁ、ってところでした。
チョットがっかりしたのは、夕食があまりにも品数が少なく、値段が安いから仕方ないのかも知れませんが、なんでもAnniversaryというプランで少し期待したのがいけなかったのかも知れません。
朝食は時間がなくて、キャンセルして朝早く立ちました。
連れ合いの記念日に行ったのですが、不満タラタラ...

続きを読む
  • MOA美術館

    熱海の高台にあるMOA美術館は、国宝として尾形光琳筆『紅白梅図屏風』、野々村仁清作『色絵藤花文茶壷』、手鑑『翰墨城』の3点があり、日本・中国を中心に絵画、書跡、彫刻等の名品が3千余点展示されています。光琳が住んだ屋敷や、豊臣秀吉ゆかりの「黄金の茶室」を再現したり、日本文化の世界を十分に堪能できる美術館です。またメインロビーから房総半島や伊豆の岬等、相模湾を一望できるのも人気です。

  • お宮の松

    尾崎紅葉の小説『金色夜叉[こんじきやしゃ]』の舞台となり、主人公の間貫一[はざまかんいち]と鴫沢宮[しぎさわみや]が散歩したのが熱海の海岸。熱海サンビーチ沿いに立つお宮の松は、小説ゆかりの地のシンボルといえる。現在の松は2代目で、近くに初代の幹の輪切りと「貫一・お宮之像」がある。