八ヶ岳・清里などの周辺観光に最適。自然に包まれた露天風呂が心地いい。

開湯100年 海ノ口温泉 湯元ホテル和泉館

長野県 | 小海

旅館

八ヶ岳の西麓に位置する海ノ口温泉。
開湯百年、歴史の湧き出る海ノ口の湯。
信じられないかもしれませんが、ここは昔は海だったそうで、
ミネラルたっぷりの温泉に入る事が出来ます。

装い変われども、源泉の良さ、田舎ならではの良さ。
昔ながらの和やかな情緒を今に伝えたい・・・。

和泉館の周りは山に囲まれ、裏手には川が流れており、
窓を開ければ澄んだ空気と涼しげな水辺が一面に広がります。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
長野県南佐久郡南牧村海ノ口933 MAP
[客室数]
25室
[最大宿泊人数]
150人
[築年/改築年]
1932年 / 1987年
[食事]
食事なし、朝食付、2食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
事前にご連絡ください。

宿からのメッセージ 18/03/29 21:04更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 塩化物泉、炭酸水素塩泉
効能 慢性婦人病、虚弱児童、慢性皮膚病、火傷、切り傷、一般的適応症
備品 タオル、バスタオル、カミソリ、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
体育館 バスケットボール:1面、バレーボール:1面、バドミントン:3面、卓球:6台、屋内ゲートボール:要予約
将棋 フロントにお問い合わせください。
サウナ 温水式輻射熱サウナ 大浴場に併設しています。
宴会場 100の大宴会場(舞台・通信カラオケあり)
会議室 ゼミや研修に。会議室は25名1室と50名1室。会議室使用料/1日税込5,000円。使用料に関してはご相談下さい。
売店 衣類・おつまみ・化粧品・雑貨・自然無添加食品・アクセサリー・ギフトセット 15時~20時 8時~
自動販売機 ジュース、お茶、煙草
マッサージ マッサージ税込4000円 (要予約・直接ホテルへお電話下さい)
宅配便 フロントにて取扱い致します。
最寄駅徒歩圏内 佐久海の口駅下車徒歩5分
ご予約に関するインフォメーション
御座山登山口、送迎できます。その他の登山についても御相談にのります。

オンラインカード決済、及び現地でのカード払いはできません。現金でのお支払いをお願いします。
補足・注意事項
■ペット同伴:可(条件)
■部屋食:可(夕食は、お部屋 又は 食堂条件)
■カード利用:不可

ホテルのクチコミ

総合
3

ID: ガンババ

前日予約

宿泊料金がお値打ちです。
前日予約での宿泊。

建物の古さは隠し様もなく、また隠そうとの意識も感じられません。
対応等は「良き田舎」と思えばOKです。
食事は、宿泊料金を考えたら十分だと思います。過剰な飾りなどがなく必要かつ十分と言ったところ。
風呂は、チョット冷たい温泉。地元民の利用が多くて、入浴方法を教えてもらいました。(女湯)
帰り際には、「地元野...

続きを読む
総合
5

ID: ワンちゃん

家庭的のんびり

温泉も良かったし、家庭的な宿でした。野菜のおみやげ物有難うございました。

総合
4

ID: jjx

ありがとうございました

トイレ付きの部屋にしていただき助かりました。
今までで、一番安い宿泊料金だったので、少し心配もしていましたが、思ってた以上に良かったです。源泉の浴槽は寒い日だったので全身入る気がしませんでした。暖かい風呂は温泉を濾過して加温と聞きましたが、濾過しないで加温出来れば良いですね。低温サウナも55度以上なら快適です。部屋の暖房も十分暖かいのですが、カーテンがあれば暖房効率も良くなると思います。...

続きを読む
  • 黒澤酒造

    北八ヶ岳山麗千曲川最上流の酒蔵で標高800mと全国でも屈指の高原で育まれた自然と水を生かし、地元での酒米の作付け推奨や平成17年からは自社でも栽培を開始するなど原点に立ち帰った、味わいのある酒造りをしています。また、酒造りの様子を木彫り人形で再現したジオラマや酒器などを展示酒する資料館やギャラリー・ギャラリー喫茶を併設しております。

  • 奥村土牛美術館

    奥村土牛記念美術館は、日本画壇の最高峰にいた奥村土牛画伯の素描を収蔵した美術館です。佐久地域で描いた作品を含め下図・書などと合わせ207点の作品を、四季おりおりに年3回 の展示替を行っています。常時45点程の作品を展示し、文化勲章をはじめとする画伯記念の品々も展示しています。美術館は、大正時代から昭和の初めに建築された、黒澤合名会社の集会場として使われていた建物で、この建物の寄贈がきっかけとなり、画伯が戦後4年間旧八千穂村に滞在していたご縁から、平成2年5月、記念美術館として生まれ変わりました。