オークホテル

JR上野駅徒歩10分!銀座線稲荷町駅徒歩1分!全室LAN対応

東京都 | 台東区

ビジネスホテル

私どもオークホテルは外国人、日本人ビジネスマン問わず、
ご来館したお客様に快適さ、便利さを提供する国際色あるホテルです。

旅行、ビジネスには必要不可欠なインターネットとWi-Fiが全館に無料で
御利用可能です。

JR山手線上野駅から徒歩10分、東京メトロ銀座線稲荷町駅から徒歩1分という
近さに加え、浅草までも徒歩20分弱というアクセスの良いエリアに位置します。

ホテルから徒歩1分にコンビニがございます。

夜中1:00~朝6:00まで防犯上の理由により、正面玄関を施錠しておりますが
ルームキーにて開けられますので、ご宿泊のお客様であれば24時間出入り可能です。

外国語ができるスタッフいます。
・英語 ・中国語 ・韓国語 
※シフトにより不在の場合もございますのでお問い合わせください。

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 13/01/29 15:08

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ≪オススメプラン♪≫ ・【セミダブル禁煙】】 ★★★~saiyasune~プラン ★★★全室LAN対応!銀座線稲荷町駅1分 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 不慣れな部分もあるかと思いますが、スタッフ一同お客様に喜んで 頂けるよう精一杯頑張って参りますので、宜しくお願い申し上げます。 皆様のご利用スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。 <アクセス案内> ホテルより徒歩1分 東京メトロ銀座線 稲荷町駅から ★乗換なし ・上野駅2分  ・銀座駅14分 ・新橋駅15分 ・表参道27分  ・渋谷29分 ★上野駅乗換  ・池袋26分 ★神田駅乗換 ・東京駅14分 ・新宿駅24分 ★新橋駅乗換 ・お台場海浜公園駅35分  ・品川24分

施設情報

住所
東京都台東区東上野6-1-2 MAP
客室数
71室
最大宿泊人数
89人
築年/改築年
- / 2005年
食事
食事なし
チェックイン/チェックアウト
15時00分 / 10時00分
送迎

施設・設備

自動販売機
ドリンク類(酒類含む) ※タバコは御座いません。
コインランドリー
洗濯機1回200円/乾燥機30分100円
マッサージ
手配可能です。
禁煙ルーム
加湿器
無料貸出サービス
ズボンプレッサー
無料貸出サービス
高速インターネット
無料 インターネットスペース有り
宅配便
取扱い有り
最寄駅徒歩圏内
JR上野駅より徒歩10分/地下鉄銀座線 稲荷町駅より徒歩1分

ご利用に際して

一般情報
●フロント営業時間は、6:00~25:00でございます。
●最終チェックインは、24:30でございます。
●喫煙所は館外にございますので、予めご了承ください。
●15:00前のご到着の場合には、お荷物をお預かり出来ます。

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

03-4455-7850

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

25

項目別の評価

部屋
2/5
対応
4/5
食事
-/5
風呂
2/5
眺望
2/5
環境
2/5

総合評価

35

項目別の評価

部屋
3/5
対応
3/5
食事
-/5
風呂
2/5
眺望
1/5
環境
3/5

総合評価

35

項目別の評価

部屋
1/5
対応
4/5
食事
-/5
風呂
1/5
眺望
1/5
環境
1/5

周辺情報

  • 旧岩崎邸

    旧岩崎邸は、明治29年(1896)に三菱創設者岩崎家の本邸として創建されました。建築家コンドルによって設計された洋館は、17世紀の英国ジャコビアン様式を基調としてルネサンスやイスラム様も採り入れた西洋木造建築です。洋館に続いて和館の一部も残されていて、明治時代の近代化に向けてひた走る往時の勢い盛んな財閥の壮大な邸宅の面影が今も残っています。(台東区池之端1-3-45)

  • 上野寛永寺

    上野寛永寺(天台宗東叡山寛永寺)は、天海僧正(慈眼大師)の進言により、江戸城の艮の鬼門の守として、寛永2年(1625)に本坊が落成しました。東叡山は東の比叡山を意味し、寛永年間に創建時の年号によって寛永寺の勅号を与えられています。上野寛永寺は、将軍家の墓を芝増上寺と二分して菩提寺として成り、上野の山一帯に本坊円頓院を初めとして諸堂、子院がありましたが、慶応4年(1868)の東征軍と彰義隊による、いわゆる上野戦争時に、その多くが焼失しました。現在の根本中堂は、明治12年に川越喜多院本地堂を移築したものです。