お客様総合評価
4.5+

大自然の中での白骨温泉は、景色も最高です!

白骨温泉 つるや旅館

長野県 | 白骨温泉

旅館

白骨温泉は温泉が良いというイメージが強いですが、
当館では、温泉はもちろん、お食事にもこだわり、
また、全てのお部屋からの景色もご堪能できます。

●温泉
 白骨温泉の源泉かけ流し『絹の湯』
 特徴の1つでもある、乳白色の湯をお楽しみ下さい。

●お食事
 「手作り」
 「地元の食材を使う」
 「地元の伝統的な料理法を取り入れる」
 「奇抜さよりも、素材の美味しさを生かした親しみやすい料理」
 「食べきれる絶妙な量」
 を心がけた、信州産の「山の幸・川の幸・里の幸」を生かした、 
 山里料理となっております。

●お部屋
 すべての部屋から谷川と、その対岸には数百年の時を重ねた原始林
 で覆われた山との一体化した景観をお楽しみ下さい。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
長野県松本市安曇4202-6 MAP
[客室数]
22室
[最大宿泊人数]
80人
[築年/改築年]
- / -
[食事]
2食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
なし

宿からのメッセージ 18/03/29 21:17更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 炭酸水素塩泉
効能 冷え性、高血圧症、動脈硬化症、肝臓病、痛風、糖尿病、慢性便秘、慢性婦人病、慢性皮膚病、火傷、切り傷
備品 ドライヤー、タオル、バスタオル、ボディソープ、リンス、シャンプー
将棋 無料
自動販売機 ビール、チューハイ、ジュースなど
宅配便 お問い合わせください。
カラオケルーム 1時間3,000円(税込) チェックイン~夜22時まで
禁煙ルーム 新館は禁煙ルームです
高速インターネット フロントとロビー周りではWIFIがつながります。お部屋ではつながりません。
ご予約に関するインフォメーション
●お車でお越しの方は冬季期間中は必ずスタッドレスタイヤ・又はチェーンが必要となります。
補足・注意事項
●お車でお越しの方は冬季期間中は必ずスタッドレスタイヤ・又はチェーンが必要となります。
●当館は山間の旅館の為、冬季は夕方17時頃までのチェックインをお願い致しております。もし遅くなりそうな場合には必ずご連絡をお願い致します。
●当館へのお支払いは現金のみの受付でございますので、よろしくお願い致します。
●ペットの館内へのお連れ込みは衛生面の問題もありご遠慮頂いております。
●仕出し・お弁当等は承っておりません。
●日帰り温泉は受け付けていません。

ホテルのクチコミ

総合
5

ID: ミュー

涼しかったです。

のんびりさせて頂きました。お風呂 とても良かったです。

総合
4

ID: 吉(きち)

カルシウム..?!

 インからアウトまで、若いスタッフさん達の気・目配りには感心しきりでした。食事中に小さな虫がテーブルを歩いていて、何の虫かな..と言っていたら、目敏く察知されて見に来てくれたり、食堂からバックヤードに戻る際もこちらを向き直りの一礼。風呂から戻る際にも声掛け、帰りも荷物を車まで持ってくれてのお見送りで、お兄さんは仕事ですから..と謙遜されていましたが、働いている方々にサービス精神(?)が浸透・徹底さ...

続きを読む
総合
4

ID: isi

お世話になりました。

部屋 旧館の常磐でした。トイレは自動開閉の新しいタイプ。手洗場はいまいち、洗面台は綺麗で使いやすい。
テレビの不具合でスタッフに来てもらった。
対応 車から降りると若い仲居さんが出迎えてくれ荷物を部屋まで運んでくれた。すべてのスタッフが親切礼儀正しく気持ちよく過ごせた。
食事 料金が安いので期待をしていなかったが創作料理で美味しくいただいた。
風呂 一度は入りたいと思っ...

続きを読む
  • 国宝 松本城

    北アルプスを背景に、下見板の黒と漆喰の白のコントラストが美しい松本のシンボルです。現存する五重天守としては日本最古の天守閣を持ち、姫路城、彦根城、犬山城とともに4つの国宝のお城のひとつです。(当館より1時間10分)

  • 上高地

    観光拠点(上高地バスターミナル)まで:当館より36~60分
    ★大正池・・・1915年、焼岳の大噴火によって発生した土砂流が、梓川の流れをせき止めて誕生した池です。
    ★河童橋・・・上高地の中心に位置する長さ36.6mの吊り橋。上流側には穂高連峰を下流側には焼岳を望む、上高地を象徴する景勝地です。