お客様総合評価
4.0+

城崎温泉 カニを食すなら、3つの貸切温泉(無料)のある宿 泉翠へ

城崎温泉 旅館泉翠

兵庫県 | 城崎温泉

旅館

城崎温泉のメイン通りから1本入った閑静な佇まい。
湯の街情緒を大切にした和風旅館です。

外湯巡りにも便利な好立地(柳湯徒歩3分)にございます。
旅情あふれる七つの外湯温泉をお楽しみください。

お食事はお食事処でのご案内となります。
とれたての日本海の幸や但馬牛など盛りだくさん。
11月~3月は名物のカニ料理が絶品です♪

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
兵庫県豊岡市城崎町湯島753 MAP
[客室数]
13室
[最大宿泊人数]
60人
[築年/改築年]
1968年 / 2008年
[食事]
2食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
※城崎温泉駅前より旅館組合送迎マイクロバスがございます。

宿からのメッセージ 17/07/07 10:40更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 塩化物泉
効能 一般的適応症
備品 ドライヤー、タオル、バスタオル、女性化粧品、男性化粧品、ボディソープ、石鹸、リンス、シャンプー
売店 館外・物産店 徒歩1分
自動販売機 アルコール、ソフトドリンク各種
コンビニ 館外・徒歩1分でスーパーマーケット
ゴルフ場 旅館から車で10分
カラオケルーム 館外・徒歩1分
マッサージ (有料/手配含む)
禁煙ルーム 和洋室は禁煙です。
ルームサービス フロントにて承ります。
加湿器 ご希望の方はご予約時に。数に限りがあります。
高速インターネット ・ロビーにてインターネット設置 有線1台可能
宅配便 承ります。
最寄駅徒歩圏内 城崎温泉駅から徒歩8分
現地カード決済 VISA、MasterCard
補足・注意事項
■お食事は食事処に18時頃に御用意致しますのでチェックインは17時までにお済ませ下さい。
■御到着が17時を過ぎる場合は旅館までご連絡をお願い致します。
■入湯料¥200入湯税¥150が別途必要です。
■当館は大人のお客様にごゆっくりお寛ぎ頂く為に、12歳未満のお子様の同伴は不可とさせて頂いております。
 予めご了承頂きますようお願い致します。
■館内への飲食物のお持ち込みは固くお断りします。


ホテルのクチコミ

総合
5

ID: 阿波っ子

初めての城崎温泉ですが大好きになりました。

【お部屋】決して新しい建物ではないが、掃除をきちんとしていて、気持ちよかったです。畳が新しいのも良かった。
【対応】仲居さんやフロントの方の挨拶は決まりきった物ではない、温かい物を感じました。
【お食事】味・ボリュームも丁度良く、一部レビューに書かれていたような配膳が遅いといったような事も一切有りませんでした。
【お風呂】貸切の内湯も広くて快適でした。脱衣所に時計があればもっ...

続きを読む
総合
4

ID: て~

大満足でした

【お部屋】HPで見た写真とは違って、とてもきれいになっていて大変落ち着き、いい感じで過ごすことができました。
【対応】仲居さんもとても気さくで丁寧に接客していただきました。
【お食事】大変ボリュームがあって、出来たてを出していただき、満足感いっぱいでした。紫いもとウニの組み合わせが気に入りました。
【お風呂】貸し切りで、ゆったりと入れて癒されました。
【眺望】眺望は最初か...

続きを読む
総合
4

ID: K,S

ゆっくり過ごしたい方にはベストだと思います。

【お部屋】充分な広さで静かでした。蚊だけが気になりました。
【お食事】テーブル式でゆっくりと他を気にせず食べれました。
【お風呂】貸切なのでゆっくり入れました。湯温が熱かった。
【眺望】これはどうしようもないでしょう。静かなのでよし。
【環境】立地が良いところで観光にはよいと思います。
【総合評価】ゆっくり過ごしたい方にはベストだと思います。

  • 城崎文芸館

    志賀直哉の小説「城崎にて」に代表される数々の文学・詩の舞台にもなった城崎。城崎文芸館では、これらの作品と作家たちと城崎とのかかわりや文学作品などに出会えます。また館内には麦わら細工体験コーナー・ミュージアムショップや自分で短歌や俳句を作るコーナーなどが設けられています。

  • 城崎温泉7つの外湯巡り

    湯の街城崎には七つの外湯があります。今でこそどのお宿にも、温泉が引かれていますが、昔は外湯が当たり前の時代もありました。浴衣を着て外湯を巡るのは城崎の馴染み深い風景のひとつです。七つの外湯を巡るには湯あたりをおこさぬように、あまり長湯をしないのがコツ。泉翠のオリジナル浴衣を着て湯の街情緒を満喫しませんか?