お客様総合評価
4.0+

【新日本百名湯】岩手の温泉でも貴重な加水加温なし源泉のみ使用の宿

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館

岩手県 | 鉛温泉

旅館

【新日本百名湯】日本一深い自噴岩風呂が自慢!
宮沢賢治の「なめとこ山の熊」に登場や田宮虎彦が逗留し、
「銀心中」を執筆した文士が愛したロマンの湯宿。
最近では映画「海街Diary」の撮影に使われた宿です。

【温泉】
「加熱」、「加水」、「循環」を一切していない、
源泉そのままの状態でご利用いただいております。
温泉が持つ自然の力をそのまま肌で感じられることができる
「本物の温泉」をお楽しみください。

【お部屋】
どの部屋からも大自然と調和している風景を愉しむことができます。
昭和16年建築のケヤキ造りの3階建は、黒光りする階段、
各客室の造りに建築当時の贅と粋を感じることができます。
風情あるたたずまいは、時の年輪を重ねさらに深みを増して、
懐古的な趣きにあふれています。

【お食事】
2012年4月完成の食事処『灯』は、格子調の間仕切り特徴的で、
お客様の「個」の世界を大切にした空間です。
大自然に囲まれた鉛温泉ならではの山の幸と、
丹精込めてつくられた岩手の一品を秘湯とともにご堪能下さい。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
岩手県花巻市鉛字中平75-1 MAP
[客室数]
32室
[最大宿泊人数]
80人
[築年/改築年]
1941年 / 2010年
[食事]
2食付
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
花巻南温泉峡共同無料送迎バス運行

宿からのメッセージ 17/12/22 12:06更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 単純温泉
効能 糖尿病、慢性婦人病、慢性皮膚病、一般的適応症
備品 ドライヤー、タオル、バスタオル、女性化粧品、男性化粧品、石鹸、リンス、シャンプー
将棋 将棋(有料)、囲碁(有料)、マージャン(有料)
マッサージ 有料
自動販売機 有り
加湿器 貸出
宴会場 豊沢川を臨む開放感たっぷりの大広間は80畳。ご休憩、ご宴会にご利用いただけます。
売店 自炊に必要な食料品から、日常雑貨・お土産まで豊富に取り揃えてあります
ズボンプレッサー 貸出
現地カード決済 VISA JCB American Express UC セゾンカード 他
ご予約に関するインフォメーション
新花巻駅・花巻駅から花巻南温泉峡無料バスご利用可能。
時刻詳細は当館まで。
新花巻駅発15:10、16:10、17:10
花巻駅発15:25、16:25、17:25

ホテルのクチコミ

総合
4

ID: いわな小僧

立ち寄り宿

岩手県の帰り立ち寄り宿泊させていただきました。
前にも利用したので、場所は、ナビでスムーズに行けました。
前回より綺麗になっていました。
部屋は、広めでトイレ冷蔵庫付 とても綺麗です。
ここの良い所は、料理とお風呂です。難があるのは、お風呂場の男女の看板 一つだけ時間帯が書いてあるのですが、理解できない人が、いたこと!
また来ても良い宿です。

総合
4

ID: まりにゃん

のんびりできます

やはり なんといっても温泉がいいですね!
歴史のある 立ち湯は風情があり 露天はぬる湯でのんびり楽しむことができました。 食事処も落ち着いた雰囲気で
様々な料理、岩手牛も美味しく頂きました。

総合
4

ID: V-MAX1999

温泉

温泉は洗い場が少なめでした。露天風呂はちょい熱いぐらいで景色が良かったです。湯治の人もいるので平日でもわりと人がいます。

  • 高村光太郎記念館

    詩集『智恵子抄』の作者であり、また彫刻家としても知られる高村光太郎。
    記念館には高村光太郎の彫刻「父光雲像」「裸婦像」の原型をはじめ、文芸作品、遺品等約100点のほか、光太郎研究文献、智恵子とのスナップ写真や智恵子のはり絵を展示。
    約150m離れた木立の中に立つ「高村山荘」は、光太郎が戦火を逃れ、知人であった宮沢賢治を頼り東京から疎開して晩年の生活を送った旧居で、現在は小屋は一回り大きな建物(套屋)によって保護されている。

    [交通]当館より車で約20分

  • 新渡戸稲造記念館

    「願わくはわれ太平洋の橋とならん」の信念と5,000円札の肖像として有名な新渡戸稲造。
    彼の先祖は1598年(慶長3)から約220年間、花巻の地に居住し花巻城士の文武両道にわたる指導、新田開発に努めてきました。
    十和田市の生みの親と言われる新渡戸傳は1793年(寛政5)に花巻で生まれ、十和田三本木平の開発に尽力しました。
    花巻新渡戸記念館はこれら新渡戸家の功績とゆかりの品を展示した記念館です。

    [交通]当館より車で約30分