お客様総合評価
4.0+

源泉かけ流し 日本三名泉・下呂温泉を思う存分に堪能

下呂温泉 源泉の宿 観光ホテル湯本館

岐阜県 | 下呂温泉

旅館

湯本館は、大浴場だけでなく、それぞれのお部屋、
その他お湯の出るところは全てが下呂温泉。
とくに大浴場では、循環式ではなく掛け流しの温泉にこだわり、
加水・加温もせずゆっくり適温まで冷ましているため、
自然から湧き出たそのままの状態でお楽しみいただけます。
お風呂は源泉100%、泉質も良く、入浴後はすべすべの肌触りに。
お風呂上りはまさに【化粧水】いらず♪
湯めぐりをする方々からも、ご好評いただいております。
また下呂駅まで徒歩5分、温泉街まで徒歩3分という立地条件良好。
下呂温泉のシンボル、飛騨川河川敷に湧く天然露天風呂も近くです。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
岐阜県下呂市幸田1084 MAP
[客室数]
45室
[最大宿泊人数]
202人
[築年/改築年]
1974年 / 1994年
[食事]
2食付、朝食付、食事なし
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
下呂駅より送迎あり(※14時半以降の対応となります。要予約)

宿からのメッセージ 18/04/09 15:32更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 単純温泉
効能 冷え性、高血圧症、一般的適応症
備品 シャワーキャップ、タオル、バスタオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
自動販売機 ■各種、取り揃えております(酒類、ジュース類)
マッサージ ■フロントにお申し付けください(有料/予約制)
ズボンプレッサー ■フロントにお申し付けください(貸出し)
宅配便 ■全国発送承ります
最寄駅徒歩圏内 ■下呂駅より徒歩5分
バリアフリー ■貸出用車椅子 客室内に洋式トイレあり 大浴場浴槽に手すりあり
現地カード決済 ■ JCB・VISA・マスター
ご予約に関するインフォメーション
不泊については以下の通り頂戴いたします。
●連絡なしの不泊/不着 :宿泊料金の100%
補足・注意事項
●チェックインは19時までです。無連絡の場合、それ以降はキャンセル扱いとさせて頂きます。
●ご夕食提供の最終開始時間は、19時30分とさせて頂きます。
●大浴場の清掃の為、10時〜15時まではご入浴出来ません。
●7時前の朝食のご提供は致しかねます。

ホテルのクチコミ

総合
4

ID: ユキ

下呂温泉湯本館様

とても、親切な対応有り難うございました。お風呂も、大変気に入りました。お肌がツヤツヤでした。お部屋も二人にしたら丁度良く夜景も綺麗でした。ただ、夜が寒くて、エアコンをかけて寝たのですが、お布団がもう一枚欲しかったです。お料理は、宿泊費相応だったと思われます。朝食はバイキングでしたが、パンがあれば最高だと思いました。
お風呂は最高でしたので、又行きたいです。

総合
4

ID: A.F

とても親切で感じが良かった

【部屋】部屋はリニューアルされていてきれいだが、カベ下のしみが気になった。
【対応】気遣いがうれしい。とても親切で感じが良かった。
【食事】素泊の為、わかりませんでした。
【風呂】熱くて入れなかった。お湯が良いのに残念。
【眺望】部屋に入る前に説明があったので、気にならなかった。
【環境】目的が花火だったので、雨だったが非常に良かった。
【総合】設備が古いが...

続きを読む
総合
5

ID: すー

気持ちよく温泉を楽しむことができました

【部屋】きれいにリフォームされ、清掃も行き届き、ゆっくりとくつろぐ事ができました。
【対応】お世話になった係の方は、みなさんていねいに対応していただき、気持ちよく過ごすことができました。
【食事】今回は食事無しのプランでしたので、次回はぜひ食事もいただきたいです。
【風呂】源泉かけ流しで、お湯がきれいで、気持ちよく温泉を楽しむことができました。
【眺望】お部屋からは川や...

続きを読む
  • 下呂温泉合掌村

    白川郷などから移築した国重文「旧大戸家住宅」をはじめ10棟の合掌造りの家屋で集落を再現した、往時の生活を知る貴重な博物館。村内には、陶芸や陶器の絵付けが体験できる「斐騨陶房」、和紙の絵漉きが体験できる「漉倉」、世界の狛犬が展示してある「狛犬博物館」、「合掌の足湯」、「竹原文楽記念館」、川魚の炭火焼きが人気の「市倉」、めん処「合掌茶屋」がある。

  • 温泉寺

    下呂温泉に伝わる白鷺伝説の薬師如来像が祀られたお寺。下呂には昔、湯ヶ峰から湧き出した温泉が突然止まってしまい村人が困りはてていた時、薬師如来の化身といわれる白鷺が舞い降りて、新しい源泉を村人に知らせたという伝説がある。ここには、寛文11年(1671年)に臨済宗妙心寺派の禅寺として建立され元禄期以降、蝦夷地開発に力を尽くした武川久兵衛のお墓があることでも知られている。 また、紅葉の時期にはライトアップが行われ、夜の散策も楽しめる。