お客様総合評価
4.5+

開業101年。大正浪漫を感じさせる草津の老舗宿。

草津温泉 草津ホテル

群馬県 | 草津温泉

高級宿

旅館

草津ホテルは大正年間に洋館の「ホテル」として創業しました。明治時代にはドイツ人の医学者ベルツ博士が草津温泉を絶賛して以来、草津を訪れる外国人のお客様が多かったのです。その後、昭和27年頃に現在の純和風の旅館に改築しましたが、「ホテル」の名はそのまま。大正時代からの趣と、おもてなしの心を、そのまま引き継いで今に至ります。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
群馬県吾妻郡草津町草津479 MAP
[客室数]
44室
[最大宿泊人数]
120人
[築年/改築年]
1953年 / 2002年
[食事]
2食付、食事なし、朝食付
[チェックイン/アウト時間]
14時00分 / 10時00分
[送迎]
送迎バス(草津温泉バスターミナルまで)

宿からのメッセージ 17/03/13 16:53更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 含アルミニウム泉、硫酸塩泉、塩化物泉
効能 冷え性、慢性婦人病、慢性皮膚病、一般的適応症
備品 女性化粧品、男性化粧品、ボディソープ、石鹸、リンス、シャンプー
パソコン iPadを無料でお貸ししております。ロビー周りで無線LANで接続できます。
現地カード決済 VISA・マスター
高速インターネット 無線LAN形式
自動販売機 各種ソフトドリンク
加湿器 お貸出し致します
ご予約に関するインフォメーション
※幼児(食事・布団あり)をご希望のお客様へ
トクー!サイトではシステムの理由で、幼児(食事・布団あり)のご予約が不可となっておりますが、
ご予約は可能です。 金額は2食付7,150円・朝付き4,950円/人となります。
ご希望のお客様は、大変お手数をお掛けしますが、予約時の宿からの質問の回答欄に内容をご記入お願い致します。
尚、こちらは現地にて別途清算となりますのでご了承下さいませ。
補足・注意事項
チェックインが予定時間を過ぎる場合必ずご連絡下さい。

※幼児(食事・布団あり)をご希望のお客様へ
トクー!サイトではシステムの理由で、幼児(食事・布団あり)のご予約が不可となっておりますが、
ご予約は可能です。 金額は金額は2食付7,150円・朝付き4,950円/人となります。
ご希望のお客様は、大変お手数をお掛けしますが、予約時の宿からの質問の回答欄に内容をご記入お願い致します。
尚、こちらは現地にて別途清算となりますのでご了承下さいませ。

ホテルのクチコミ

総合
5

ID: K.H

慰安旅行

会社の仲間と慰安旅行(1泊朝食付き)で宿泊しました。受付で一番印象に残っているのは、お客さんの靴を管理されている方の対応に関心しました。具体的にはお客の名前を記憶されていて、外出する際、○○様ですねと確認して靴を用意して頂けたことです。次に朝食会場のテーブルの距離感が良かったです。窮屈過ぎず広すぎづで仲間内の会話も周りに気を遣わず話せた。スタッフの方に声をかける際、軽い合図で気づいて頂けた。御飯は...

続きを読む
総合
5

ID: nnnnn

満喫しました

古き良きホテルですね
スタッフの方々 教育が行き届いていると思いました
とても親切でした
お湯も最高でした
部屋清掃もバッチリです
リピートしたいです

湯畑まで1分では歩けなかったですね〜

総合
4

ID: eruneko

おもてなし

チェックインの時間より少し早く着いてしまい、足湯に入りながらコーヒーをいただきました。
すぐにお部屋を準備して下さり、案内してもらえました。
すれ違う従業員の皆さんの気持ち良い挨拶。
所々に季節のお花が活けてあり、館内も古いながらも隅々までお掃除が行届いていました。
お風呂もなめらかなお湯で最高でした。
素泊まりプランでしたが、かえってゆっくり過ごすことができまし...

続きを読む
  • 草津国際スキー場

    上信越高原国立公園の名峰白根山の麓に広がるゲレンデは、温泉リゾートとしても名高い。ゲレンデは、1935年に開設され、ファミリーやベテランを中心にスキーフリークから支持されてきました。現在ではスノーボーダーも全面滑走可能。ゲレンデの目玉は、のんびりすべれば40分はかかる全長8kmものロングダウンヒル。

  • 草津片岡鶴太郎美術館

    片岡鶴太郎氏の作品(墨彩画、陶器、漆器等)約100点を常時展示。片岡氏の44歳の誕生日にあたる 平成10年12月21日に草津ホテルの付帯施設として開館しました。作品を常時展示し、温泉にいらした方々にゆったりと鶴太郎芸術を楽しんでいただけるようにと構想されたものです。