お客様総合評価
4.0+

★直前予約なら、とってもお得~!!★大自然の片品村へ~♪

遥かなる花の谷へ Villa花時計

群馬県 | 片品

ペンション

片品川の静かな清流をながめながら、山の幸たっぷりの朝食。
そしてディナーは素材をよく吟味した手作りの欧風料理が自慢です。
目の前の清流・片品川では水遊びや渓流釣りが楽しめますので、ご家族旅行にもピッタリ!
四季を通じて、花時計は、みなさまとの素朴なふれないを楽しみにしています。
尾瀬入口の戸倉まで車で15分の好立地!

~~四季それぞれの片品を満喫してください!~~
【春】旬の山菜が採れ放題の山は目の前!たらっぺ・こごみ・わらび・うどetc
【夏】片品川の清流は家の庭下!
   思いっきり水遊びの後はボリュームたっぷりのバーベキューでも(要予約)
【秋】野山で採れたつるや花木の実で自分だけのリース作りは楽しい♪
   そのままドライフラワーで思い出作り☆
【冬】片品高原・尾瀬岩鞍・サエラリゾートが近い!スキーもスノボも楽しめます!

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
群馬県利根郡片品村越本1665 MAP
[客室数]
7室
[最大宿泊人数]
18人
[築年/改築年]
1991年 / 1991年
[食事]
2食付、食事なし
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
あり

宿からのメッセージ 18/04/04 11:14更新

スキー乾燥室 スキーシーズンのみ/玄関の右
宅配便 有り
ご予約に関するインフォメーション
◎--プチ得情報--◎
尾瀬ハイキングに行かれる方には手作りランチボックスもご用意できます!(500円)おにぎり3個とおしんことゆで卵1個の簡単なものですが、コンビニで買うより味がありますよ!(事前にお申し出ください)

●当日予約受付:午後3時まで
●夕食無しのお客様は、20時以降のチェックインをお願いいたします。(他のお客様のご夕食終了後)
※11/15~3/31までは暖房費1人540円(税込)が別途費用が必要になります(添い寝幼児は除く)
※アメニティ(歯ブラシ・フェイスタオル・バスタオル・寝巻きはお客様でご持参をお願いしております。
  アメニティレンタル・販売有り(歯ブラシ40円・フェイスタオル200円・バスタオル400円)
補足・注意事項
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
●11月~暖房費として、別途料金がかかります。
お一人様540円
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

・送迎はしておりません。その分お安くさせていただいております。

・添い寝幼児様のご利用は1名までとさせていただいておりますので何卒ご了承下さい。

ホテルのクチコミ

総合
4

ID: 小次郎

夜行くのにちょっと迷う宿 朝みたら簡単だった

部屋からの景色がよかった (紅葉)洗面所にせっけんが欲しいかった 料理もおいしくぼりゅむもよかった ただ魚さんの焼き方が朝も夜もいまいちかな 燻製みたいだった 奥さんの対応も気持ちよく いいところでした

総合
4

ID: うとうと

キレイでした

虫が苦手なので、心配しましたが、とてもキレイで安心しました。
店主さんも優しく明るい方でした。
また寄ります。

総合
4

ID: きぬたぬき

家族旅行

夏の酷暑から逃れるため、清流に魅力を感じ直前に申し込みをしまいた。
部屋はロフト付で子供は喜んでいましたし、扇風機だけでも涼を楽しめました。
スタッフの丁寧な対応もよかったです。BBQもボリュームたっぷりたっぷりで満足です。
風呂は確か温泉ではないですが、周辺に日帰り温泉もあるようです。
眺望は川の堤防に遮られいますが、自然の庭は落ち着きます。面前の川も楽しめます。
続きを読む

  • 丸沼高原

    まるっと楽しむ丸沼高原。ペンションから車で約20分。標高1400mから2000mまでの標高差600mを一気に登る日光白根山ロープウェーで、春は新緑、夏は 登山や避暑、秋は紅葉、冬はスキー・スノーボードと四季を通じてお楽しみいただけます。

  • 吹割の滝

    ペンションより車で約20分。昭和11年12月16日文部省より、天然記念物に指定された吹割の滝は、高さ7m、巾30m余に及び、こうこうと落下、飛散する瀑布は、東洋のナイアガラと言われております。この滝は、凝灰岩、花崗岩の河床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸食し、多数の割れ目を生じ、あたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから、「吹割の滝」の名が生まれました。