無料会員登録

大自然に囲まれた素敵なワンダーランド

信州白馬モアリゾート にれの樹

長野県 | 白馬八方

旅館・ホテル

  • クチコミ件数
    4
  • 平均点
    2.00
  • 部屋
    1.75
  • 対応
    2.25
  • 食事
    5.00
  • 風呂
    1.50
  • 眺望
    2.00
  • 環境
    3.25
表示件数
  • 総合
    5
    ID: 男塾 投稿一覧を見る(1)
    部屋
    3
    対応
    3
    食事
    5
    風呂
    1
    眺望
    1
    環境
    2
    宿泊時期
    2009年02月
    整理番号
    4026207
    プラン名
    【白馬で滑る・食べる・寝る♪シンプル2食付プラン】
    白馬の旅2009年02月11日
    今回2月8日~二日間お世話になりました。安い予算で満足でした料理もすき焼き、鶏肉のお鍋ととてもおいしかったです。車で1~2分前後に外湯もありました。とくに「みみずくの湯」は絶景絶景!! 時間帯をずらして行けばがらがらで貸切じょうたい。コンビニも近所で買い物も楽勝。 ホテル施設は値段のわりに満足できます。ビジネス料金で美味しい食事が付けば文句はありません。

    支配人・女将さん親切にしていただきましてありがとう。

    白馬に泊まるのは幸福の森に決めました。今年は新緑の白馬にも訪れたいと考えています。そのときもお世話になりたいです。

    頑張ってこれからもホテル営業を続けて下さい。

    楽しい思い出ありがとうございました。

    PS男塾
    宿からの返信
    ありがとうございました。またのお越しを是非ともお待ちしています。
  • 総合
    1
    ID: スノーマン 投稿一覧を見る(1)
    部屋
    2
    対応
    3
    食事
    -
    風呂
    2
    眺望
    3
    環境
    3
    宿泊時期
    2007年02月
    整理番号
    3337749
    プラン名
    スキー&スノボに行くなら白馬へGO!素泊まりプラン
    寒かった2007年02月12日
    立地場所としては緑に囲まれた静かな場所で車でないと不便なものの良い環境だったと思いますが、土曜の朝到着したにも関わらず、有料でのアーリーチェックインも出来ないし、更衣室は清潔感がなく暖房もないスペースを案内され、しかも16時以降まで部屋の準備が出来ないと言われました。夕方戻りチェックインを済ませ部屋に入ってみると、ツインベッドルームといっても普通のビジネスホテルのシングルベッドより小さいベッドが二つ並んでいました。あまり期待はしていなかったけど、何より辛かったのは、一部の部屋しか営業していないらしく(これは当初よりその条件がついていましたが)廊下にも暖房が入っていないせいか、カーテン、窓が一重なせいか部屋のエアコンは温かい空気が出ているものの全然温まらないし、朝には冷たい風が出てました。せめてもう少し手入れをして欲しいなと思いました。
  • 総合
    1
    ID: mal 投稿一覧を見る(5)
    部屋
    1
    対応
    2
    食事
    -
    風呂
    1
    眺望
    1
    環境
    4
    宿泊時期
    2007年02月
    整理番号
    3337860
    プラン名
    スキー&スノボに行くなら白馬へGO!素泊まりプラン
    非常に残念です2007年02月13日
    今回始めて利用させて頂きましたが正直二度と使う気はありません。まず案内看板が殆ど無く、建物もいくつかに分かれている為、駐車場もフロントもどこにあるのか良く分かりませんでした。何とかチェックインを終えて部屋に入ってみると、ミニキッチンの正面の扉が無く、中の配管や配線がむき出しになっているし、収納家具は表面の化粧材が剥がれて下地材が丸見え、壁のクロスは一部剥がれているし、ユニットバスのシャワーカーテンにはカビが点々と・・・ 更にシャワー水栓からは熱湯しか出ない為全く使えず、文句を言っても従業員が来るのに1時間以上待たされ、暖房は殆ど効かず、ベッドも鉄パイプのエキストラベッドの為、寒くてよく眠れませんでした。従業員の方はそれなりに丁寧に対応して頂きましたが、設備面は早急に改善する必要があると思います。
    価格設定も不満があります。私達が利用した時は連休中の為か、素泊まりで割引後¥7,035-、休み明けの設定が定価で¥4,725- どう考えても利用者の足元を見た利己的な設定にしか考えられません。
     新規登録との事で、クーコム㈱さんも把握されていないのかも知れませんが、このような宿を案内されるのは非常に問題だと思います。
  • 総合
    1
    ID: カマキリ 投稿一覧を見る(1)
    部屋
    1
    対応
    1
    食事
    -
    風呂
    2
    眺望
    3
    環境
    4
    宿泊時期
    2007年02月
    整理番号
    3338245
    プラン名
    スキー&スノボに行くなら白馬へGO!素泊まりプラン
    てんとう虫のサンバ?2007年02月18日
    まずフロントがある建物は看板もなく見つけるのに一苦労。たどり着いたところで駐車場はいっぱい。建物向かい銭湯に停めさせられ、雪まみれになりながらフロントに着いても、チェックインでは、二組くらいしか客がいていないにも関わらず、寒く凍えるようなロビーで待たされた。フロントの人は初めてこの仕事を始めたかと思うほどの手際の悪さ。こっちの質問にもいまいちの微妙な返事しか返ってこず。カードキーと案内図を渡されまた車で移動。にれの樹に泊まるはずなのにつぶれた前のホテルの看板のまま。だったらその名前で案内してもらわないと客は迷うでしょ?やっとの思いで部屋にたどり着くとカードキーが使えない。フロントから「すぐにそちらに向かいます」と言われてまた寒い廊下で待たされたがなかなか現れない。さらに電話しなおすと「もう向かっています」からと。しかしそれからさらに待たされ、怒りの電話を入れなおしてからやっと走ってきたものの、使えないカードキーを苦戦した結果、カードではない鍵を取りにまたフロントへ。しかも全然謝りもせず。まだ改修しているからという理由で内線もフロントにつながらず、連絡手段も自分の携帯電話。何回かけさせるつもりなんですか?やっとの思いで部屋に入ったと思ったもつかの間。カードキーをセットしないと部屋の電気が稼働しないから、暖房は入っていないし、冷蔵庫は意味なし。雪の中客が来ると分かっているのに部屋を暖めておくくらいの準備は出来ないものですか?テレビはついてもどのチャンネルもずっとザーザー。建物に何にも設備がないのにテレビも見れないなんてどうやって時間をすごすのですか?そして決め手がてんとう虫の大量発生。最初は一匹ずつ処理していたが次から次へと現れ、さすがに断念。しかも普通のてんとう虫ではなく、黄色と黒のあんまり見たことのないタイプ。その上、デカイ。一円玉くらい。そんなてんとう虫がカーテンの裏にも一家で寄り添い、天井や壁にもてんとう虫が。どこを覗いてもてんとう虫。もちろん布団の中にも。夜中てんとう虫が顔に落ちてきて、我慢できずにフロントへ連絡してもつながらない。10時なったら終わりみたいで。だけど緊急連絡先のような携帯電話もつながらない。火事や急病になっても助けに来る気はないみたいですね。何度もリゾートセンターに電話をかけやっと連絡をとってもらい、「今そちらに向かってます」と言ったもののまた朝まで現れず。しかもリゾートセンターの人に「てんとう虫ですか?林の中ですからね~」ってかるく笑われ。林の中では顔にてんとう虫が落ちてきてもみんなてんとう虫と生活してるんですか?てんとう虫が発生していると知っているならなぜ対処しない?来ると言ってなぜ来ない?向かっていないならなぜ向かっているとうそをつくのですか?

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す