無料会員登録

佐渡汽船より車で3分 徒歩で5分

佐渡・両津 ホテル東宝

新潟県 | 佐渡

旅館・ホテル

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
新潟県佐渡市両津夷224
駐車場
収容18台 無料
その他交通情報
【航空機利用】佐渡空港からタクシー約10分
【船利用】船佐渡汽船線両津港駅下車徒歩5分
無料送迎
両津港駅より/条件あり

周辺地域
情報

佐渡西三川ゴールドパーク
佐渡西三川ゴールドパーク 『今昔物語』にも登場する西三川砂金山。佐渡の金・銀山の歴史は、平安時代に西三川砂金山が発見されたことに始まる。その後、上杉謙信の軍資金を潤わせ、豊臣・徳川時代にも大量の砂金が採掘された。廃山となった現在でも砂金山跡では、1日5~6粒の砂金が採取できるとか。
佐渡金山
佐渡金山 佐渡金山は1601(慶長6)年、鶴子鉱山の山師たちが新しい鉱脈を求め、大露頭(ろとう)を発見したことに端を発するが「道遊の割戸(どうゆうのわれと)」はそれが2つに断ち割れた露天掘りの跡。坑道の総延長は400km、388年間で78トンの金を産出したといわれる。
千石船の里・公開民家「清九郎の家」
小木港の西3kmにある、宿根木(しゅくねぎ)。江戸中期から明治にかけて、日本海岸と大坂を結ぶ、いわゆる北前船の寄港地となり、佐渡廻船の基地でもあったため、多くの廻船問屋や船大工が居を構えた場所。1haほどの土地に210棟の木羽屋根の建物がひしめく集落は、現在、伝統的建造物群保存地区に指定され、廻船主の家屋「清九郎の家」と、船大工職人の民家「金子家」を公開。入口には竹細工などを体験できる体験学習館も建つ。
蓮華峰寺
平安初期に空海が皇城鎮護のため鬼門にあたる佐渡に建立したと伝えられる古刹。小比叡山と称し、周囲の山が八葉の蓮華形をしていることから蓮華峰寺と名付けられた。境内には16もの堂宇があり、金堂、弘法堂、骨堂は室町時代の建築物で国の重要文化財。6月下旬~7月上旬には1万本のアジサイが開花する。隣接する小比叡神社は、蓮華峰寺の守り神で、本殿は国の重要文化財。左右で柱の太さが異なる鳥居もじつにユニークだ。
尖閣湾
'達者から北狄(きたえびす)に至る約4kmの海岸線が尖閣(せんかく)湾。何万年にもわたって浸食された高さ30mにもおよぶ海食崖と岩礁、大小の岩と洞穴、紺碧の海とが織りなす自然の造形美は、絶景のひとこと。佐渡弥彦米山国定公園に指定されており、海上から海中透視船などでも楽しむことができる。また揚島周辺は映画『君の名は』のロケ地でもあり、断崖に架かるまちこ橋の脇には、大埼灯台や水族館、資料展示館、売店も建ち並ぶ。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す