無料会員登録

ウィークリーハウス・ビレッタはあなたの小さなセカンドハウスです。

ウィークリーハウス ビレッタ

東京都 | 狛江市

ビジネスホテル

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
東京都狛江市中和泉5-22-3 
駐車場
収容1台 無料
交通情報(電車)
小田急線狛江駅下車

最寄駅
小田急線 狛江駅
無料送迎
なし

周辺地域
情報

三遊亭円朝旧居跡
三遊亭円朝旧居跡 円朝は周囲の喧噪を避けて、当時はまだ寂しい町だったこの地を選んだそうです。
 怪談噺や人情噺を得意とした円朝の代表作は、「真景累ヶ淵」「牡丹灯籠」「塩原多助」など。とくに新宿在住時は、新宿や戸塚を舞台とする「怪談乳房榎」や「名人長次」などを書き上げ、まさに円熟期にありました。
  花園公園内にある旧居跡の碑は、新宿区指定史跡です。
新宿御苑内藤氏屋敷跡
新宿御苑内藤氏屋敷跡 約10万坪におよぶ屋敷地内には、玉川園と呼ばれた庭園に池、谷、築山、谷をしつらえた景勝地が造られたといわれています。明治以降、官有地として『新宿御苑』と呼ばれるようになり、大正天皇が宮中の観桜会などを開いたことから、一躍、皇室のパレスガーデンとしても世界的に有名に。苑内の日本庭園には、樹齢400年を誇る巨木も多く、いまも内藤氏屋敷時代の風情を残しています。
島崎藤村旧居跡
島崎藤村旧居跡 小説家島崎藤村(1872~1943)が、明治38年5月より翌39年9月までの時期に住んだところ。信州小諸で一家をなし、執筆生活を送っていた藤村は、明治38年5月、執筆中の小説『破戒』を完成させるため、家族を連れて状況。困窮の生活に耐えながら専心に執筆し、ついに脱稿したのが、この西大久保の地である。この地を藤村に世話したのは、明治学院大学の学友で、画家の三宅克己。
花園神社
花園神社 内藤新宿の鎮守。江戸時代以前に大和国吉野山より勧請した稲荷社。もとは新宿3丁目交差点付近にありましたが、寛永年間(1624~44年)に現在地に移りました。当時は「四谷追分稲荷」「三光院稲荷」、また近隣の尾張徳川家別邸の花園にちなんで「花園稲荷」とも称されました。
 しばしば火災に遭って焼失し、そのたびに復興資金を集めるための芝居小屋を境内に設け、「三光院芝居」として賑わいを見せました。境内には金石造品が多く、銅製の『唐獅子像』は、新宿区指定有形文化財彫刻に指定されています。
正受院
正受院 浄土宗の寺院で、正式には『明了山正受院願光寺』といい、文禄3年(1594年)に創建されました。 『奪衣婆像』は、三途の川のほとりで死者の衣類をはぎ取る恐ろしい老婆の姿です。旗本・高力氏が妻の像を作らせたところ、あまりにも恐ろしい姿に出来上がってしまったので、正受院に納めたという伝説もあります。元禄14年(1701年)かそれ以前に安置されたといわれています。咳どめの霊験があるとなどとして庶民の信仰を集め、嘉永2年春には参詣客が絶えない流行神と称されました。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す