無料会員登録

大自然の中で優雅なリゾートライフ

Pensionぷるーく

新潟県 | 糸魚川

ペンション

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
新潟県妙高市杉野沢3178-406
駐車場
20台(無料)
交通情報(電車)
●信越本線(妙高高原駅)よりバス20分

最寄駅
信越本線 妙高高原駅
交通情報(車)
●金沢東IC→(北陸自動車道)→上越IC→(R18)→妙高高原(約3時間)
●名古屋IC→(名神高速)→小牧JTC→(中央高速)→岡谷JTC→
(長野自動車道)→更科JTC→(上信越自動車道)→妙高高原IC(約3時間30分)
●大阪吹田IC→(名神高速)→小牧JTC→(中央高速)→岡谷JTC→
(長野自動車道)→更科JTC→(上信越自動車道)→妙高高原IC(約5時間)
●東京練馬IC→(関越自動車道)→藤岡JTC→(上信越自動車道)→更科JTC→
(上信越自動車道)→妙高高原IC(約2時間40分)

最寄IC
北陸自動車道路 上越IC
その他交通情報
【ご案内】
妙高高原I.Cの料金所を出ててすぐの信号を右折。
約500m行った信号を右折。(角に 酒屋マインマートあり)
「右折しないで100m程行くとセブンイレブンがあります。」
そのままずっと約3km行くと杉ノ原スキー場の看板の分かれ道に来ます。
スキー場の方に 曲がらないで、少し先の杉野沢温泉(苗名の湯)の前を通って
終点の杉野沢駐車場にお車を止めてください。

マインマートの交差点を右折したら後は道なり・・・
途中曲がることはありません。 突き当りが杉野沢駐車場です。
注意事項
冬期は杉野沢駐車場で、行き止まりとなります。 
朝6時30分からスノーモービルで、お迎えに伺いますので、お電話を下さい。
妙高高原インターを出るときにお電話いただければご案内させていただきます。(6時過ぎ~)
早くお着きになった場合は、駐車場で少しお待ちになってください。 宜しくお願い致します。
無料送迎
なし

周辺地域
情報

妙高・杉の原スキー場
妙高・杉の原スキー場 スノーボーダーやモーグラーに人気の妙高・杉の原スキー場。「これでもか!」と言うくらい長い8kmのロングダウンヒルとモーグルバーンが待っています。三田原第3高速の降り場から見た妙高外輪山や野尻湖の景色はとても綺麗です。
妙高高原
妙高高原 高山、別名“須弥山(しゅみせん)”。世界の中心にそびえ立つ高い山という意味をこめて、そう呼ばれ続けてきたこの山の麓には“理想郷”が存在すると信じられています。妙高高原は、まさに妙高山の神秘なベールに包まれた自然と人の理想郷。
苗名の湯(杉野沢温泉センター)
苗名の湯(杉野沢温泉センター) 【温泉情報】
効能:神経痛・関節炎・うちみ・ねんざ・冷え性・疲労回復・きりきず等

■料金のご案内
料金:おとな450円
こども300円・幼児無料
※こどもは3才~小学生まで

■営業時間:午前10時~午後9時

■休館日:水曜日
※冬季シーズン[12月~翌年3月末]は無休となります。■隣接施設
生産物直売施設「妙高高原・くま杉の里」
「味処 そばの花」 0255-86-6967

苗名滝(妙高高原町)
苗名滝(妙高高原町) 妙高高原東側、新潟県と長野県の県境にあり関川の本流にかかる滝で日本の100名滝にも数えられている。玄武岩の岩壁に四季折々に色を変える山の木々と滝の白さのコントラストが美しい。
黒姫高原
黒姫高原 大正時代、軽井沢の物価高騰に嫌気がさした外国人宣教師たちが移り住んできたのが、野尻湖畔の神山地区。黒姫高原に伝わるトウモロコシやルバーブは、彼らが伝えたものだ。黒姫山麓の斜面で、冬になるとそりやスキーも楽しんだとか。現在は花のじゅうたんを敷き詰めた芸術とメルヘンの森。青空をピンクに染める100万本のコスモス花園は必見!

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す