西鉄リゾートイン那覇

感染対策実施中国際通りまで徒歩5分♪とっても便利な立地だから北へ南へ自由自在♪

沖縄県 | 那覇

ビジネスホテル

アクセス

MAP

住所
沖縄県那覇市久米二丁目3-13
駐車場
■有り40台●大きさ制限:高さ1.8m・横幅1.9m・長さ5.0mまで(満車時は隣接の契約駐車場へ1200円/1日)

周辺情報

  • 国際通り

    那覇のメインストリート・国際通りは、“奇跡の1マイル”と呼ばれている。
    第2次大戦ですべて焼き尽された町から驚異的な復興を遂げ、沖縄人パワーのシンボル的存在となった。
    パレットくもじ前から安里三差路までの1.6kmには飲食店やブティックが軒を連ね、1日中人通りが絶えない。
    脇に広がる“市場本通り”“平和通り”“公設市場”などの路地は、一種バザール的なムードで、見て歩くだけでも充分楽しめる。

  • 第一牧志公設市場

    庶民の台所として戦後の沖縄の家庭を支えてきた。
    400もある店にはチラガー(豚の顔)やイラブチャー(アオブダイ)など沖縄ならではの食材が所狭しと並んでいる。
    正月や旧盆に肉や魚を求める客で通路が埋まるのは恒例の風景。
    店のおばちゃんとも気軽に会話できるので、交渉によってはまけてくれるかも?

  • 壺屋やちむん通り

    壺屋は1682年に琉球王府の政策で開窯した窯場。
    歴史と伝統を引き継ぎながら、現在は店舗40店が販売し、20軒余りの工房が「壺屋焼」を作り続けている。
    古いのぼり窯の見学や工房での焼物作り体験(要問合せ)もできる。
    博物館も併設されていて石畳も風情がある。
    新垣家の窯が国指定文化財に指定された。

  • 守礼門

    首里城には6つの門があり、ここはその第二楼門。最初の名を待賢門と称し、のち梁上に「首里」の二字を掲げ、首里門と俗称された。
    尚清王代に「守礼之邦」と掲げるようになってから守礼門と称せられるようになる。
    これは、戦後沖縄の平和主義のシンボルとしても名高くなった。

  • 首里金城町石畳道

    石畳道は1522年、尚真王代に初めて造られた。首里城の入口を起点とし、金城坂、金城橋、識名坂を経て真王橋に達し、延長340m。琉球石灰岩の平石を敷きつめ、何代もの人々の往来で、なめらかな光沢をたたえている。
    首里城内外の美化政策と、貿易港那覇に至る基幹道路として舗装され、和寇撃退の為にも利用されたという。

  • 波の上ビーチ

    那覇空港から15分、那覇で唯一水泳のできるタウン派ビーチ「波の上ビーチ」。市民の憩いの場所にもなっています。
    ビーチ公園はバーベキューも行えます(要予約)
    更衣室・ロッカーなどの設備が整い、泳いだあとにそのまま街へと出かけることもできます。

  • 沖縄美ら海水族館

    水族館では神秘に満ちた沖縄の雄大な世界が広がります。
    水族館館外にあるオキちゃん劇場、イルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館も人気。

  • 琉球ガラス村

    ガラス工芸、陶芸といった火の文化を体験することができる。
    琉球ガラス工芸は伝統的な宙吹きでつくられ、鮮やかな赤地が特徴。
    陶芸には立派な登り窯「糸満窯」を備え、ガラス工芸とも教室が開かれている。

  • おきなわワールド 文化王国・玉泉洞

    沖縄の自然、芸能、文化をまるごと体験できる観光施設。
    約30万年前の珊瑚礁からできたといわれる鍾乳洞「玉泉洞」、国指定有形文化財に認定された美しい町並みの「琉球王国城下町」、
    各種工芸体験、沖縄に棲む毒蛇・ハブをテーマにした「ハブ博物公園」、100種類・450本の熱帯果樹園「熱帯フルーツ園」などが楽しめる。
    民俗芸能の魅力がつまった「スーパーエイサー」も連日公演されている。