お客様総合評価
4.0+

奥日光湯元温泉 湖畔の宿 湯の家

【とちぎ にごり湯の会】濃~い硫黄泉を堪能する湖畔の宿 24時間いつでも入浴OK!

奥日光湯の湖湖畔の美しい風景にとけ込み旅情あふれる憩いの宿、湯の湖の四季を一望する、安らぎの宿、宅地内より豊富に湧き出づる湯量、魅力の大浴場、豊富ないで湯の湖畔の宿です。まごころこめたおもてなしと、四季折々の味覚。などあらゆる箇所に配慮と工夫をこらし、皆様のお越しをお待ち致しております。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
最高品質の温泉 -自家源泉の硫黄泉-

当館では自家源泉を使っておりますので、お湯が非常に豊富かつ新鮮な状態で湯船に注がれております。また、単なる硫黄泉ではなく【含砒素含石膏土類硫化水素泉】という石膏を成分に含んでおり白濁した温泉でかけ流し状態ですので、湯船の場所により色が違うこともあります。
胃腸にも効能が高い日光湯元の温泉を是非ご堪能ください。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

空室、または予約できるプランが見つかりませんでした。
条件を変更して再度お試しください。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 19/12/30 10:14

【12月31日(火)~1月3日(金) 特別価格】 〔まだ間に合う 年末年始のご宿泊! 〕 ≪1泊2食付≫奥日光湯元温泉 湯の家 基本プラン 奥日光湯の湖湖畔の美しい風景にとけ込み旅情あふれる憩いの宿、湯の湖の四季を一望する、安らぎの宿、宅地内より豊富に湧き出づる湯量、魅力の大浴場、豊富ないで湯の湖畔の宿です。まごころこめたおもてなしと、四季折々の味覚。などあらゆる箇所に配慮と工夫をこらし、皆様のお越しをお待ち致しております。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 最高品質の温泉 -自家源泉の硫黄泉- 当館では自家源泉を使っておりますので、お湯が非常に豊富かつ新鮮な状態で湯船に注がれております。 また、単なる硫黄泉ではなく【含砒素含石膏土類硫化水素泉】という石膏を成分に含んでおり白濁した温泉でかけ流し状態ですので、湯船の場所により色が違うこともあります。 胃腸にも効能が高い日光湯元の温泉を是非ご堪能ください。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

施設情報

住所
栃木県日光市湯元2512 MAP
客室数
33室
最大宿泊人数
160人
築年/改築年
1985年 / -
食事
2食付、食事なし
チェックイン/チェックアウト
14時30分 / 10時00分
送迎

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円

泉質・効能

泉質
硫黄泉
効能
慢性婦人病, 慢性皮膚病, 一般的適応症

浴場設備

備品
ドライヤー、シャワーキャップ、タオル、バスタオル、カミソリ、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸、リンス、シャンプー

施設・設備

将棋
囲碁・麻雀:フロントにて貸出致します。(有料)
バリアフリー
玄関の入り口部分に車椅子用スロープを設置
自動販売機
ソフトドリンク類
スキー乾燥室
大切なスキー・スノーボードをお預かりいたします。
ベビーベッド
数に限りがありますのでご予約の際にお申し出下さい。
ルームサービス
フロントへお問い合わせ下さい。
宅配便
フロントにてお取り扱い致します。
最寄駅徒歩圏内
湯元温泉行きバス・終点、湖畔前下車徒歩1分。
マッサージ
フロントへお問い合わせ下さい。

ご利用に際して

一般情報
◆当館は現地でクレジットカードのご利用は出来ません。現金のみのお取り扱いになります。クレジットカード支払い希望の場合は、予約時の事前決済でご利用をお願いします。

【アクセス】
バ ス:日光又は東武日光駅より湯元温泉行きバスで、湖畔前下車徒歩0分
車 ①:日光ICより国道120号で約60分
車 ②:沼田ICより国道120号で約70分
補足・注意事項
■ペット同伴:不可

クチコミ

総合評価

45

項目別の評価

部屋
4/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
5/5
眺望
4/5
環境
4/5

総合評価

35

項目別の評価

部屋
3/5
対応
3/5
食事
2/5
風呂
4/5
眺望
3/5
環境
2/5

総合評価

35

項目別の評価

部屋
2/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
4/5
眺望
5/5
環境
5/5

周辺情報

  • 中禅寺温泉街と男体山、中禅寺湖

    一般に日光というと、市街地(日光市内・日光山内-さんない-)方面のことを呼ぶ場合が多い。これに対して、中禅寺湖-ちゅうぜんじこ-や男体山-なんたいさん-周辺、さらに湯元-ゆもと-方面まで含むエリアを奥日光という。どこからが奥かというと、いろは坂からよく見える「屏風岩-びょうぶいわ-」が境といわれる(湯元エリア付近のみを奥日光と呼ぶ場合もある)。

  • 日光東照宮

    1617(元和3)年、徳川家康の遺言によって創建された。東照宮の代表として、江戸時代から多くの人々が訪れた聖地だ。中では陽明門や眠り猫、三猿などの国宝や重要文化財などを見ることができる。「日光の社寺」として世界遺産に登録されたこともあり、世界中から多くの観光客が訪れている。