箱根では貴重な硫黄泉を堪能出来る、大自然に囲まれた静かな温泉宿

箱根芦之湯 きのくにや旅館 本館 ~吉昇亭・春還楼~

神奈川県 | 芦の湯

旅館

芦の湯温泉は箱根山の標高約850mの場所にございます、大自然に囲まれた静かな温泉地でございます。
敷地内で創業以来湧き出る天然温泉は「硫黄泉」その昔から効能豊かな温泉として愛され続けられております。
合わせて引き湯の「旧重曹泉」もご利用いただけます。
2種の源泉の肌感の違いをぜひご堪能くださいませ。

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
神奈川県足柄下郡箱根町芦の湯8 MAP
[客室数]
48室
[最大宿泊人数]
200人
[築年/改築年]
- / -
[食事]
2食付、食事なし
[チェックイン/アウト時間]
15時00分 / 10時00分
[送迎]
なし

宿からのメッセージ 13/12/12 16:56更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 硫黄泉
効能 痛風、糖尿病、慢性便秘、慢性婦人病、慢性皮膚病、切り傷
備品 タオル、カミソリ、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
将棋 麻雀3,150円、将棋・囲碁無料
自動販売機 ドリンク類 他
マッサージ 無料のマッサージ機をご用意しております。マッサージ40分4000円
ご予約に関するインフォメーション
※宿泊代のお支払いは当日現金のみとなります。
※ご予約は必ず大人2名以上でお申込みをお願いします。大人1名、子供~名という予約は受付けておりません。ご注意下さい。
※別途入湯税150円頂戴いたします。
※お夕食のご案内の最終は18時半となりますのでそれまでのご到着をお願いいたします。(すぎるとご夕食のご準備は出来かねます)
※お食事は大広間でのご案内となります。
補足・注意事項
大人様には1泊につきお一人様150円の入湯税が別途かかります
【貸切風呂のご利用について】
別途30分2,000円の利用料がかかります。
【ご夕食】
広間にて6時か6時30分からになります。
【ご朝食】
バイキング8時か8時30分からになります。
(ご宿泊日により和食セットメニュ-になる場合がございます。)
【ご清算について】
ご利用料金のご清算は現金のみとさせていただきます。
【予約のお申込みについて】
ご予約は必ず大人2名以上でお申込みをお願いします。大人1名、子供~名という予約は受付けておりません。ご注意下さい。

ホテルのクチコミ

総合
3

ID: コスモス

春還楼に泊まりました。

フロントの女性、部屋への案内の男性、夕食・朝食(同じ女性)の接客は大変感じのよいものでした。(5つ星です)
残念だったのは女性用お風呂のシャワーが5個ある内3個はお湯も出なくつまみがカビだらけ、更衣室のティッシュが夕方に入ったとき箱だけで中身はなし翌朝入っても補充なしでした。また男性用のバスマットがカビで真っ黒で足をのせるのも躊躇するくらいのものでした。
お部屋は古いながらもきれいにされ...

続きを読む
総合
4

ID: ちずひめ

直前割引

初めて直前割引を利用して こちらに宿泊しました
箱根は何度も訪れていますが こちらの温泉は知りませんでした
温泉は歴史のあるものなので とても良かったです 2種類の泉質を
堪能させて頂きました 部屋は広かったですが 設備の古さと煙草の臭いは
隠せないようでした 暫く使用していない部屋だったのか 洗面台のカランが
水の出が悪いのと ウォシュレットが壊れていました 宿...

続きを読む
総合
5

ID: 温泉好きKNT

温泉が良かった

2か所に温泉が有り、どちらも男湯と女湯に分かれていて、いつでも堪能できる。景観も良く、湯質も素晴らしい。
食事は夕食、朝食ともに美味しかったが、特に朝食はボリュームたっぷりで、その場で魚を焼いて食べれるなど、夕食に劣らず素晴らしかった。
徒歩で行ける観光ポイントもあり、ぜひまた宿泊してみたい。
従業員さんの対応もとても親切でよい。

  • 曽我兄弟の墓

    日本の五輪塔では、最古のものといわれ、曽我兄弟の墓の真偽はともかく貴重な遺物だという。
    そばの小さい塔は虎御前の墓のいわれている。

    この近くに二十数体の石地蔵が並んだところがある、「賽の河原」と呼ばれている。
    親より先だった子供を慰霊する石地蔵群で、「・・・石を積んでは壊され・・・積んでは崩され・・・そんな子らを悪鬼から守る地蔵尊・・・」子を失った親たちの悲願の結晶である。

  • 箱根関所跡

    元和5年(1619年)徳川幕府が出女と入鉄砲を取り締まるため、主な街道に設けられたものです。