お客様総合評価
4.0+

『湯荘』と名の付くとおり、かけ流し乳白色の天然硫黄泉が自慢で24時間いつでも入浴できます

塩原温泉郷 新湯温泉 乳白色の天然硫黄泉 湯荘白樺

栃木県 | 塩原温泉

旅館

当館は塩原温泉郷の一つ標高970mにある新湯(あらゆ)温泉にございます。 お風呂は天然の硫黄泉をそのまま掛け流し!!
温泉は当初透明ですが時間がたつと自然に乳白色に変色します。自然の恵みそのままの温泉、四季折々豊かな深山の自然の息吹を味わいながら、ゆっくりとおくつろぎください。
当館だけの「湯どろパック」もお楽しみいただけます。

ハンターマウンテン塩原スキー場に一番近い宿(約5km)なので、ウィンタースポーツはもちろん、ハイキングにもとっても便利。

【奥塩原新湯温泉共同浴場】
奥塩原新湯温泉には源泉の異なる3つの共同浴場(むじなの湯・寺の湯・中の湯)があり、それぞれに特徴を持ち昔から湯治のお客様で賑っています。
■入浴時間 7:00~18:00
■入浴料金 当館宿泊のお客様は無料(通常300円)

閉じる

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

宿基本情報

[住所]
栃木県那須塩原市湯本塩原14 MAP
[客室数]
15室
[最大宿泊人数]
60人
[築年/改築年]
1949年 / 1957年
[食事]
2食付、食事なし、朝食付
[チェックイン/アウト時間]
12時00分 / 10時00分
[送迎]
JRバス塩原温泉バスターミナルから無料送迎あり(要予約)

宿からのメッセージ 18/08/03 17:28更新

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円
泉質 硫黄泉
効能 冷え性、糖尿病、慢性婦人病、切り傷、一般的適応症
備品 タオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸
会議室 会議室はございませんが、宴会場をお貸しすることは可能です。
自動販売機 ドリンク類 他
ゴルフ場 きぬがわ高原CCは車で20分、塩原CC・西那須野CC・ホウライCCは車で30分。当館からご予約可能。
コインランドリー 有料でご利用いただけます。
スキー乾燥室 ご自由にご利用いただけます。
加湿器 貸出致します。
宅配便 クロネコヤマトの宅急便と提携しております。お荷物やスキー板などのお預かりも行っております。
ご予約に関するインフォメーション
■御食事
【ご夕食】17時30分と18時からお選びいただいております。
  ※但しチェックインが遅くなる場合は遅らせることも可能です。
【ご朝食】7時30分と8時からお選びいただいております。
  ※ゴルフなどお発ちが早い場合は7時からお出しできます。
■お子様連れでのご利用
・お子様の料金は1泊2食付で小学生大人料金の70%、幼児大人料金の50%。
・小学生の夕食は、大人の料理から数品変更しお子様膳としてお出ししています。
・幼児の夕食は、お子様ランチをお出ししております。
・お子様のアメニティーは、子供用浴衣・フェイスタオル・歯ブラシをご用意。
補足・注意事項
※現地では、クレジットカードでのお支払いはできません。

ホテルのクチコミ

総合
4

ID: もみん

泉質はすごい!

泉質重視でこちらに泊まりました。
塩原温泉街から行きくねくね道を運転、坂道のところに宿はあり、車を停めるところは向かい側も宿側にもあり宿の真横に噴火口あとがありました、硫黄の香りで包まれた一帯は二宮金次郎晩年の湯治場としても有名でさぞや賑やかだったであろう…というのも昔のはなし、今はひなびた塩原温泉の新川温泉郷です。
玄関で笑顔で御挨拶のおかみさんのスナップの効いた虫退治は忘れられま...

続きを読む
総合
4

ID: Take it easy

温泉エンスーのベストプレイス

とにかく温泉がサイコー!これだけで訪れた価値は充分にある。皆さんが記している如く非の打ち所がない。環境や築年数などのとらえ方は個人差が生じるが、個人的な旅の価値には何の影響や問題は無い。モーニングコーヒーの無料サービスもさること、気さくな女将さんのツツジ開花情報には感服で、リピーターが多いのも頷けます。ただ唯一気になったことは食事です。格安プランなので質素な内容は承知の上だが、前の方も記されて...

続きを読む
総合
4

ID: 田舎暮らしの青年

いいお風呂でした。

洗面所とトイレが部屋の外でしたが、お風呂は最高でした。旅館のお風呂だけでなく、歩いて30秒位のところに共同浴場もあり、乳白色の天然硫黄泉を堪能しました。ただ食事の時、畳に敷かれたじゅうたんの上に直接置かれたお膳でしたので、足の悪い私には不便でした。

  • 共同浴場 『中の湯』

    昔は新湯温泉神社近くにも共同浴場「上の湯」があり、そこに対して「中の湯」と名が付いたそうです。
    こちらの源泉は他に比べ湯量が豊富で、奥塩原の旅館の温泉と同じ源泉です。 むじなの湯や寺の湯に比べると、やや柔らかい感じの泉質です。

    ■入浴料 300円(宿泊者は無料)
    ■利用時間 7時~18時
    ■浴槽 男女別
    ■効能 特に神経痛、筋肉痛、関節痛
    ■泉質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)

  • 共同浴場 『寺の湯』

    寺の湯は、噴煙がもうもうと上がる「硫黄山」のすぐ下にある共同浴場です。
    昔はこの地に「円谷寺」というお寺があり、その境内には温泉の浴場があったそうです。 現在は廃寺となっていますが、その昔を偲び「寺の湯」の名がついています。
    非常に濃い温泉で、入ると少しピリピリします。新湯共同浴場では唯一の混浴、当時の湯治場風情を色濃く残す姿がここにはあります。

    ■入浴料 300円(宿泊者は無料)
    ■利用時間 7時~18時
    ■浴槽 男女別
    ■効能 特に神経痛、筋肉痛、関節痛
    ■泉質 単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)