お客様総合評価
4.0+

金沢ひがし茶屋街 一日一組町家おとまり処 ほやさけ

金沢ひがし茶屋街の情緒と風情を感じる宿

石川県 | 金沢

旅館

町家おとまり処・・・・
金沢・東山ひがし茶屋街
ひがし茶屋街は金沢に残っている3つの茶屋街の中でも最も規模が大きく時代的映画の撮影にも撮影されるところ。
石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が120軒程並んでいて、夜には三味線や太鼓の音に遭遇することもあります。
江戸時代の雰囲気を残しており国選定の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

その茶屋街の中、「ほやさけ」はひがし茶屋街の伝統的な建物を利用した弁柄格子の有る施設です。
昔ながらの良さをそのままに、あたたかな町屋の雰囲気をお楽しみください。

空室、または予約できるプランが見つかりませんでした。
条件を変更して再度お試しください。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 17/05/11 11:07

~豆知識 in ひがし茶屋街~ ●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・● 贅を尽した佇まいと 匠の技による優美なまちなみ 加賀百万石の時代より続く伝統と格式に 華やかさと雅な上品さをあわせもち 常ではない味わいをただよわせる街 ●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・●‥・◆・・・● ひがし茶屋街の歴史 ひがし茶屋街は文政三年(1820)に12代藩主、前田斉広(なりなが)の許しを得て、金沢に点在していたお茶屋を集めて、公認の遊里として誕生させたのが始まりとなります。 その当時は約百軒以上のお店が軒を連ね、茶街一帯が板塀を囲われ、街の入口として木戸が設けられるなど、別天地ともいえる金沢の歓楽地として大いに賑わっておりました。 度々の建築や建物構造の法令改正でも、ほとんど変わることなく、格子戸や大戸、格式ある二階の造りが高い街並みは現在でも藩政時代の面影を残しています。そしていま、ひがし茶屋街は国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

施設情報

住所
石川県金沢市東山1-26-6 MAP
客室数
1室
最大宿泊人数
8人
築年/改築年
1947年 / -
食事
食事なし
チェックイン/チェックアウト
15時00分 / 10時00分
送迎

浴場設備

備品
ドライヤー、タオル、ボディソープ、リンス、シャンプー

施設・設備

禁煙ルーム
お部屋は禁煙です。お部屋を出たところに灰皿をご用意しておりますので、喫煙される方はこちらをご利用下さい。

ご利用に際して

一般情報
■1日1グループ様のみとさせていただきます。
■お支払いはご到着時に前払いとなっております。
■歴史ある建物を美しく保存しようという考えと、木造建築物のため、まことに恐縮ですが、都合上禁煙となっております。
■当館には駐車場がございません。お近くのコインパーキングをご利用下さい。
■クレジットカードでのお支払はできません。
■2019年4月より金沢市では宿泊税が掛かります。200円/一人
※こちらは現地にて別途精算頂きます。
補足・注意事項
【よくあるご質問】
Q.部屋はひとつしか利用できないのでしょうか?
A.1日1グループ様限定となっておりますので、ご宿泊部分(2階)はご自由にご利用ください。
たとえば2名様でご利用の場合、1名1室という使い方もできます。

Q. ペットの同伴は可能ですか?
A.申しわけありません。ペットをお連れになってのご利用はお受けいたしておりません。

Q.近くにコンビニエンスストアなどお店はありますか?
A.近くにコンビニや食料品店がございます。また、百貨店や市場が徒歩圏内にございます。

Q.部屋でたばこを吸えますか?
A.歴史ある建物を美しく保存しようという考えと、木造建築物のため、まことに恐縮ですが、都合上禁煙となっております。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Q.飲食物の持ち込みは可能ですか?
A. 近隣でお求めいただいたもの、ご家庭からご持参のもの、どちらも可能です。
徒歩圏内にあります百貨店や市場では、地元食材を使ったお惣菜や飲食物も扱っておりますので、ご利用ください。

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

050-5846-4327

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

55

項目別の評価

部屋
5/5
対応
5/5
食事
-/5
風呂
4/5
眺望
5/5
環境
5/5

総合評価

55

項目別の評価

部屋
4/5
対応
5/5
食事
-/5
風呂
-/5
眺望
4/5
環境
5/5

総合評価

55

項目別の評価

部屋
5/5
対応
5/5
食事
-/5
風呂
4/5
眺望
5/5
環境
5/5

周辺情報

  • ひがし茶屋街・浅野川河畔

    五木寛之をはじめ、文学者や芸術家がこぞって題材に挙げた浅野川。ゆるやかな流れで景観も美しく、地元民ならずとも多くの人に愛されています。京都の加茂川にも似たこの河畔を歩けば、川と生活を共にしてきた人々の様式が感じられることでしょう。

  • ひがし茶屋街・東山ビューポイント

    ひがし茶屋街を抜けて左手、山際に向かっていくと坂のある風景が見えて参ります。古にはお百度参りが頻繁に行われていたという「観音坂」と呼ばれる坂や、様々な逸話が残る寺院などがあり、その周辺、少し小高い丘から見る東山界隈の眺望がとても素敵です。