十和田湖畔温泉 とわだこ賑山亭

十和田湖で唯一、いろり炉端炭火焼き料理(炉端料理)が楽しめる宿

秋田県 | 十和田湖(秋田)

旅館

十和田湖はみなさんもおわかりのようにそれぞれの四季が綺麗な湖としても有名で、春・夏・秋・冬とさまざまな顔をみせてくれること間違いなしです。
春は温かい陽と新緑を、夏は涼しげな湖を、秋は真っ赤な紅葉と湖の色彩を、冬は真っ白の山々と静かな湖を、それぞれがまったく違う顔を持ち、まったく違う感覚で十和田湖と周辺の山々を見ることができるはずです。
そして、十和田湖周辺では山の幸のほか湖で獲れるヒメマスなどの料理も堪能できます。近くの奥入瀬渓流の散策もいいのではないかと思います。

賑山亭では、そんな四季の移り変わりや、その季節のお料理、そして観光でいらした方にオススメスポットなどを紹介します。

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 18/04/05 17:56

【春待ち特価=平日限定&毎日先着5組様】寒暖差の激しい季節だから!やっぱり温泉が恋しいですね* ■■■春待ち温泉■■■春待ち温泉■■■春待ち温泉■■■春待ち温泉■■■ 期間限定&平日限定ですが、びっくり還元プライスで春待ち特価プランをご案内中 厳しかった冬の疲れは温泉と美味しいお料理でリセット!疲労回復には温泉が一番 寒暖差の激しい季節だから!やっぱり温泉が恋しいですね!とわだこ賑山亭へ是非 *************お車ご利用の皆様へ************ 東北自動車道(十和田IC・小坂IC)より車約45分!美味しい宿【とわだこ賑山亭】へ 十和田湖へのアクセス道路は、しっかり除雪されていますので、御心配いりません。 一応、当日のお天気情報確認の上、時間に余裕をもって安全運転でお願いします。 ********************************** 北三陸・日本海・陸奥湾の海の幸は、当館自慢の生簀設備で鮮度抜群で御提供 もちろん秋田県・青森県のとびっきり美味しい山の幸も四季を通して堪能ください。

施設情報

住所
秋田県鹿角郡小坂町十和田湖休平35 MAP
客室数
27室
最大宿泊人数
139人
築年/改築年
1993年 / 1996年
食事
2食付、食事なし、朝食付
チェックイン/チェックアウト
15時00分 / 10時00分
送迎
条件あり

入湯税

大人
200円
子供
0円
乳児
0円

浴場設備

備品
タオル、バスタオル、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸

施設・設備

自動販売機
ドリンク各種
宅配便
承ります
売店
思い出の数だけおみやげ選び。贈られて嬉しい名産品揃い。
バリアフリー
貸出用車椅子 客室内に洋式トイレあり
加湿器
貸出し
高速インターネット
インターネット接続(一部、無線LAN形式) Wi-Fiはロビー付近のみ利用可
現地カード決済
VISA/JCB/Master Card

ご利用に際して

一般情報
■入湯税200円(12歳以上)を別途いただいております

■宿泊施設によって、バリアフリー設備内容や、
 対応できるサービス範囲が異なります。
 ご不便なく安心してご利用いただくために、
 予め宿泊施設へ直接ご確認ください。

■JRバス十和田湖駅(バス停)までの送迎は無料で致します。 バス到着時にご連絡いただければお迎えに伺います。(徒歩で4~5分)
補足・注意事項
【お願い】当日お客様と連絡が取れる電話番号(携帯電話等)をお教えください。
ご到着が18時を過ぎる場合はご連絡お願います(交通手段など可能な範囲で)

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

03-4455-7850

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

45

項目別の評価

部屋
4/5
対応
4/5
食事
4/5
風呂
3/5
眺望
3/5
環境
4/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
3/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
5/5
眺望
2/5
環境
4/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
5/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
4/5
眺望
4/5
環境
4/5

周辺情報

  • 奥入瀬渓流

    十和田湖の子ノ口から14kmの流れで、豊かな樹木、切り立った崖・巨大な岩、それに大小の滝がすばらしい景色を見せてくれます。14Kmの遊歩道を歩ききるには、時間・体力が必要です。

  • 乙女の像

    十和田湖のシンボル的存在。高さ約2メートル。二人の裸婦が向かいあって立つブロンズ像で高村光太郎の最後の作品。昭和28年建立。