箱根湯本温泉 箱根湯本ホテル

4つの源泉から湧き出る湯量たっぷりの温泉とハーフバイキングの夕食を愉しめる宿

神奈川県 | 箱根

旅館

箱根湯本ホテルは、昭和32年(1957年)12月に、たった5部屋の旅館から創業を開始した昭和・平成と激動の時代を見守ってきた箱根を代表するホテルです。

敷地内には「旧東海道」の石畳が東から西へ貫く形で残っています。江戸時代から明治初期に鉄道が開通するまで、「天下の剣 箱根山の箱根越え」に使われた街道です。300年間「京へ」「江戸へ」の旅を支えた道の往来のにぎやかさは、一里(4km)毎に休の茶屋があったことでうかがわれます。

明治天皇も西郷隆盛もこの道に歩をすすめ、遠くは秀吉・家康そして諸国の大名も行列を擁して、「馬」であるいは「駕籠(かご)」で通過していました。 もちろんあの「弥次さん喜多さん」もおもしろおかしく通ったことでしょう・・・・・。

たくさんの旅人達のわらじ姿が今もそこにあるかのように、この石畳に往事の困難さを偲ぶ、そんな歴史と自然にあたたかく包まれた極上の時間へといざなう、私たちはそんなホテルをめざしています。

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 17/04/24 15:36

当館の自慢はなんといっても4つの源泉から引く湯量たっぷりの温泉。今話題の美肌成分「メタケイ酸」を通常の約3倍も含む『美人の湯』です。少しぬめりのある無色透明なこのお湯には肌の新陳代謝を促進してツルツルにしてくれる嬉しい効果がたっぷり詰まっています。大浴場には内湯と露天風呂があり、チェックイン14:00から翌朝のチェックアウト10:00まで一晩中心ゆくまで温泉をお愉しみいただけます。館内のお湯は全て温泉、シャワーはもちろんお部屋のお風呂も温泉です。 夕食は、和膳と和・洋・中のバイキングを両方一度に味わえるスタイルです。お好きな物をお好きなだけどうぞ。また朝食時には、焼き立てのパンやその場でお作りする熱々の卵料理、箱根の清流で作られた豆腐などここでしか味わえないものをご用意しています。 ご家族でお仲間で、気軽に温泉とお食事をお愉しみ下さい。

施設情報

住所
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋97 MAP
客室数
40室
最大宿泊人数
248人
築年/改築年
1977年 / 1992年
食事
朝食付
チェックイン/チェックアウト
14時00分 / 10時00分
送迎

入湯税

大人
150円
子供
0円
乳児
0円

泉質・効能

泉質
塩化物泉, 単純温泉
効能
慢性婦人病, 虚弱児童, 慢性皮膚病, 一般的適応症

浴場設備

備品
ドライヤー、女性化粧品、ボディソープ、リンス、シャンプー

施設・設備

自動販売機
各フロアーにあり
高速インターネット
全室対応 [接続方法] 無線LAN
宅配便
5F売店にて承っております
パソコン
インターネット可能のパソコンがロビーに1台あり
現地カード決済
VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS

ご利用に際して

一般情報
※大人は入湯税が別途必要です。(お一人様150円)
※0才のお子様は無料です。
 1才~未就学のお子様で食事なし・寝具不要の場合は施設使用料として3,240円頂戴いたします。
※チェックイン予定時刻より大幅に遅れる場合は必ず宿泊施設へご連絡下さい。
※現在本館は休館中でございますので、別館へお越し下さいませ。
 カーナビを利用してお越しの場合は「箱根湯本ホテル別館」でご検索下さい。
補足・注意事項
ご夕食は18:00~から30分ごとにスタートのお時間をお伺いいたしております。
ご夕食の最終スタートは19:30です。

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

03-4455-7850

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

55

項目別の評価

部屋
5/5
対応
4/5
食事
5/5
風呂
5/5
眺望
4/5
環境
5/5

総合評価

55

項目別の評価

部屋
5/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
5/5
眺望
5/5
環境
5/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
3/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
4/5
眺望
4/5
環境
3/5

周辺情報

  • 金時山

    日本三百名山のひとつとして知られる標高1,212mの金時山。神奈川県足柄下郡箱根町と南足柄市、静岡県駿東郡小山町の境に位置し、その一帯は富士箱根伊豆国立公園に指定されています。また、金時山は箱根外輪山の最高峰であり、山頂付近は風衝地となっているため、見晴らしもよく、金時茶屋と金太郎茶屋が建っていて、登山者で賑わっています。

  • 小田原城

    室町時代、西相模に進出した大森氏が築いた山城が前身。これを早雲が攻め取ってのち、北条氏の居城として関東に君臨した。徳川氏の関東入国とともに功臣大久保忠世が領有し、その子忠隣は改易、72年目にまた大久保忠朝に復した。その間、稲葉氏(稲葉正勝・正則)が近世城郭として整備、度々の震災で復興・改修を重ねた。