お客様総合評価
4.0+

由布院温泉 源泉自噴泉湯宿 蔵毘 -くらび-

全館源泉かけ流しのお風呂☆純度100%のミネラルで美肌をお約束♪

大分県 | 由布院

旅館

『最上級A-5ランク豊後牛づくし』最高峰の源泉24時間OK!
由布の最高峰に位置する七部屋限定 全館自噴泉かけ流し。加水加温なしの田舎旅館でございます。

お部屋、内湯ともにそれぞれ趣の異なった造りになっており
お食事は、飛騨高山から移築した五穀屋で自然食をモットーに
自社牧場の生粋豊後牛と湯布院赤地鶏の炭火焼、別府湾の
天然小魚のお造り等を御用意しております。

由布山麗での至福のひとときをお約束いたします。

【湯雨竹(ゆめたけ)】
蔵毘の湯は、大地のエネルギーを感じる自噴泉。源泉が高温のため、地中のミネラル分をたっぷり含んでいます。良質な天然温泉を、水でうすめずに楽しんでいただきたいという思いから、蔵毘では「湯雨竹」という冷却方法を選びました。純度100%の豊富なミネラル分が美肌を保証します。

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 16/10/06 11:59

\3連休10/8・9がお得⇒直前特価♪/3つの貸切風呂と温泉を気軽に満喫♪ 直前でありますので、お得な金額でご用意。ご予約お待ちしております。 ≪ 当館の温泉について ≫ 裏山に源泉自噴泉を持ち、源泉かけ流しのお風呂を全館にひき、 純度100%のミネラルで美肌をお約束します。 湯布院でも最高峰の源泉です。源泉100%で、一切の加水・加温をしていないため、 泉質・鮮度を失わない純度100%の豊富なミネラル分があなたを潤してくれます。

施設情報

住所
大分県由布市湯布院町川上422-22 MAP
客室数
7室
最大宿泊人数
38人
築年/改築年
1996年 / 2005年
食事
食事なし、朝食付
チェックイン/チェックアウト
15時00分 / 10時00分
送迎

入湯税

大人
150円
子供
150円
乳児
0円

泉質・効能

泉質
硫酸塩泉
効能
一般的適応症

浴場設備

備品
ドライヤー、タオル、バスタオル、カミソリ、ボディソープ、リンス、シャンプー

施設・設備

自動販売機
ドリンク類 他
宅配便
取扱い致します。

ご利用に際して

一般情報
【チェックインについて】
午後15時から18時チェックイン可能です。
予約時にお伺いしたチェックイン時間に合わせて客室の温泉を準備します。
チェックイン時間が大幅にずれると、エコシステムの源泉掛け流しの為湯温に微妙なズレが生じます。
【チェックアウトについて】
朝10時までのご利用です。チェックアウトのお手続きは不要です。
鍵をお部屋に置いたまま、鍵を掛けずにご出発ください。
【ご清算について】
チェックイン時に全額・現金でのご清算になります。
入湯税が別途必要です(お一人様150円)
飲食時の追加の飲料は食事終了時に清算致します。
【お食事について】
ご夕食は生粋・豊後牛などの『地産・地消』にこだわった会席料理を提供します。
ラストオーダーは午後8時までとなっております。
・夕食は18時スタート/朝食8時スタート
お料理の追加・単価アップは電話にて相談承ります。
【お子様の宿泊について】
お子様のご宿泊は電話のみの要相談対応となります。
補足・注意事項
※お子様がいる場合は、お子様の年齢とご人数をお知らせください。
・子供(7歳~12歳)      :大人料金の70%
・添い寝~未就学児(0歳~6歳):0円
⇒添い寝~未就学児のお子様は寝具・料理は付きません。
⇒別途寝具・料理を御希望の場合にはお問い合わせください。

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

03-4455-7850

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

45

項目別の評価

部屋
3/5
対応
5/5
食事
4/5
風呂
4/5
眺望
3/5
環境
5/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
4/5
対応
4/5
食事
3/5
風呂
5/5
眺望
5/5
環境
5/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
5/5
対応
4/5
食事
5/5
風呂
5/5
眺望
3/5
環境
3/5

周辺情報

  • ゆふいん麦酒館

    ホテル・旅館業界では全国初の地ビールを製造。ブラウマイスターが仕込む。ビール醸造レストランが人気を呼んでいる。

  • 金鱗湖

    温泉の湧く湖で周囲は約400m。まわりは紅葉し、夕日に魚の鱗が金色に輝くような景色は美しく、また周辺の小川が温泉とともに注いで、まさに湯の里といった感がある。