無料会員登録

日光の奥座敷、かけ流し乳白色の天然硫黄温泉と大自然がお迎え

奥日光湯元温泉 奥日光高原ホテル

栃木県 | 日光湯元

旅館・ホテル

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
栃木県日光市湯元2549-6
駐車場
【無料】収容台数:45台(乗用車)
交通情報(電車)
JR・東武日光線日光駅下車、路線バス「湯元温泉行」で約80分、終点「湯元温泉バスセンター」より徒歩5分。

最寄駅
東武日光線 日光駅 / JR日光線 日光駅
交通情報(車)
東北自動車道宇都宮IC経由、日光道清滝ICより、いろは坂、中禅寺湖を通って約45分又は関越自動車道沼田ICより金精峠を越えて約90分。(但し、金精峠は12月下旬から4月下旬冬季閉鎖となります。ご注意下さい。)

最寄IC
東北道経由日光道路 清滝IC / 関越道路 沼田IC
その他交通情報
JR・東武日光駅より送迎あり(要予約)
冬季はスノータイヤ、チェーンの等の装備をお持ち下さい。詳しくは事前にホテルへご確認下さい。
無料送迎
東武日光駅発13:30発迎え/9:45ホテル発送り。1回のみ(必ず事前にご予約下さい。)

周辺地域
情報

日光東照宮
日光東照宮 平成11年に世界遺産条約に基づき『世界遺産』に登録された日光東照宮は、徳川家康公が奉られていて、5月には東照宮春の大祭が行われ、流鏑馬(やぶさめ)などが行われます。
湯元温泉
湯元温泉 戦場ヶ原より小滝・湯滝を越え、湯ノ湖まで上がるとそこは湯元温泉。硫黄の臭いが立ちこめ、豊富な源泉で旅の疲れを癒してくれます。すぐ近くに湯ノ湖があり、赤沼までのバスも出ているため、奥日光観光の拠点としてもご利用になりやすいところです。
湯滝
湯滝 湯滝は、10mほどまで近づける大変迫力のある滝です。湯ノ湖の南端にある高さ70メートルの滝で、湯川をせき止めて湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ちます。幅は最大で25メートル。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口も近くにあります。
戦場ガ原
戦場ガ原 戦場ガ原は奥日光のほぼ中心に広がる湿原で、様々な高山植物・白樺の木が茂り、鹿や野鳥といった野生動物の宝庫でもあります。残念ながら現在は湿原の中に入ることはできませんが、周りをぐるりと囲むように木道が敷かれているので、夏の観光シーズンにはハイカーでにぎわいを見せます。
小田代ガ原
小田代ガ原 広さは戦場ガ原より小さい草原ですが、朝靄の中に光る草花や光の造形が美しく、シーズンには毎年多くのカメラマンが訪れる場所となっています。貴婦人と呼ばれる白樺の木や草紅葉など、それ以外にも見所が沢山あります。
竜頭ノ滝
竜頭ノ滝 竜頭ノ滝は華厳ノ滝に次いで有名な日光滝の一つです。二つに分かれた滝と、水の流れる様が竜の頭の様に見える事からその名が付けられたと言われています。
中禅寺湖
中禅寺湖 日光の湖沼を代表する中禅寺湖は、男体山の噴火によってできた火山性せき止湖で、周囲25キロメートル、最大水深163メートルであります。湖にはヒメマスなどのマス類が生息し、4月20日から9月19日までの解禁期間中は、大勢の釣り人でにぎわいます。
華厳ノ滝
華厳ノ滝 日光48滝を代表するとともに、日本3名爆の1つにも数えられる大瀑布である華厳ノ滝は落下口の幅約9メートル、落差100メートルもあります。中禅寺湖の水が、この大岩壁を一気に流れ落ちるさまは、優雅にして豪壮です。
明智平
明智平 第二いろは坂を上りきったところからロープウェイで約3分ほどで、明智平展望台に到着する。紅葉期の中禅寺湖や華厳ノ滝の眺めは圧巻。日光で一番といわれる展望地点です。
光徳牧場
光徳牧場 年間を通して牛や馬が放牧される、広さ約3万平方メートルの牧場。牧柵に沿った散策路を歩きながらのんびりと牧歌風景を楽しむことができる。
温泉寺、湯元温泉源泉
温泉寺、湯元温泉源泉 境内には勝道上人が発見した薬師湯があり、行事のない日には、観光客でも入浴できる。、近くに湯元温泉の源泉があります。朝の散歩には最適コース。
中禅寺湖遊覧船
中禅寺湖遊覧船 豊かな自然に囲まれた広い湖面を優雅な遊覧船でクルージング。中禅寺湖を1周する航路と千手ヶ浜コース(期間限定)の2コースがあり、中禅寺湖の様々な名所を周ります。湖から見る男体山は壮大です。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
観光スポット周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す