無料会員登録

津軽三味線発祥の地。太宰治が愛した金木町。

民宿と食事処 エンゼル

青森県 | 五所川原

民宿

アクセス・地図

宿泊施設提供の地図を見る

住所
青森県五所川原市金木町芦野84-715 
駐車場
収容20台 無料
交通情報(電車)
五所川原駅から津軽鉄道で30分 芦野公園駅下車

最寄駅
津軽鉄道線 芦野公園駅
交通情報(車)
東北自動車道浪岡ICをおりて津軽道(無料)へ
国道399号線沿 県立芦野公園入口

最寄IC
東北自動車道路 浪岡IC
その他交通情報
最寄空港
青森空港
無料送迎
なし

周辺地域
情報

芦野公園
芦野公園 湖をもつおよそ80haの自然公園で、日本さくら名所百選に選ばれた2,200本の桜と老松が湖畔に広がる景勝地です。太宰が少年の頃よく遊んだ場所として知られています。園内には、太宰治文学碑や歴史民俗資料館、津軽三味線発祥之地碑のほか吊橋、浮橋、児童動物園があります。
十和田湖
十和田湖 青森県と秋田県にまたがる広大な湖です。標高400mの山の上にある二重式カルデラ湖で、水深は最も深いところで327m・湖周は44km。湖岸を囲む外輪山の風景を水鏡のように映し出す、四季の移ろいが楽しめる。
立佞武多の館(車:30分)
立佞武多の館(車:30分) 大型立佞武多3台を常時、観覧できる他、併設の製作所では、これらの巨大ネプタの製作現場も見学できます。また館では、金魚ネプタなど、津軽の民工芸の製作体験を行ったり、五所川原ネプタのお囃子の練習が行われています。美術展示ギャラリーもあります。
歴史民族資料館
歴史民族資料館 交通:津軽鉄道芦野公園駅下車。徒歩3分。 開館時間:午前9時~午後4時 休館日:11月1日~3月31日まで 毎週月曜日休館 入館料:一般100円 学生・高校生80円 小・中学生50円
津軽鉄道・芦野公園駅(徒歩2分)
冬になるとテレビで見かけるストーブ列車をはじめ、津軽鉄道では列車の中からも四季を感じることができます。
いつもの電車とはひと味違う車窓からの景色や、のどかな空気を感じてみてください。

【春】 芦野公園桜まつり(五所川原市・芦野公園内)[4月29日~5月5日]
【夏】 風鈴列車 [7月1日~8月31日]
【秋】 鈴虫列車 [9月1日~10月中旬]
【冬】ストーブ列車 [11月16日~3月15日 ]

※また、津軽エリアの列車やバスが2日間乗り放題になる『津軽フリーパス』もありますので、車がなくても旅を楽しめます。
日本最古のりんごの木(車:30分)
青森県指定天然記念物文化財
(りんご樹)昭和35年11月11日指定
青森県と言ったら誰もが思い浮かべるのがリンゴではないでしょうか。津軽市には日本最古のリンゴの木があります。130歳を超える長寿のリンゴの木は、今でもしっかりりんごを実らせてくれています。
長寿りんごは人気のお土産にもなっています。

■国鉄五能線 五所川原駅前より
ほたるの里(車:40分)
滝ノ沢ふるさと砂防愛ランド
規模なキャンプ施設と川沿いには遊歩道が整備されており、沢山のほたるを見ることが出来ます。
かなぎ元気村「かだるべぇ」
太宰治の生家 津島家とゆかりのある旧傍島家、築140年の古民家をリフォームした体験・交流施設。

金木地区の昔ながらの生活文化、地域の伝統技術、自然環境をよりよい形で継承し、体験を通して、世代間交流、都市農村交流を行い、地域の絆を深めていきます。

ふれあい田舎体験/ヒバ細工体験/大工体験/田舎スイーツ・田舎料理つくり
天然温泉 エルムの湯(車:30分)
天然温泉・スーパー銭湯が当館への道中にございます。日帰り入浴も可能ですので、津軽の温泉にも立ちよってみてはいかがですか?

●料金 AM6時~翌AM0:00(最終入館 PM11:30)
大 人(中学生以上) 400円
中 人(6才~12才) 150円
小 人(5才以下) 60円
大沢内溜池(車:5分)  湧つぼ
大沢内溜池内には、平成の名水百選の水源の一つ、湧つぼがあります。
森林の中をハイキングしながら、清々しい空気と、湧きつぼの水を味わってみてください。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す
路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す
温泉地周辺の旅館・ホテルを探す