浅虫温泉駅について

青森県を走る青い森鉄道の青い森鉄道線、浅虫温泉駅は乗車人数が平均約330人(2010年)ほどの小さな駅ですが、「陸奥湾を一望する青森市郊外の温泉街の駅」として、東北の駅百選に選定された眺望自慢の駅でもあります。出入口は駅舎のある西側のみですが、「ゆうやけ橋」の名で親しまれる歩道橋を利用して東西への通り抜けが可能であり、さらには青森観光の際、ぜひ立ち寄りたい道の駅「ゆ〜さ浅虫」のある国道4号まで行くことができるなど、便利な設備を有しています。「ゆ~さ浅虫」では、青森県内で採れた地産品を販売しており、お土産を個々で選ぶのも楽しいひと時。また、最上階の展望台からは陸奥湾が一望できるため、フォトスポットとしても人気の場所です。駅舎の横には無料の足湯があり、旅館組合案内所ではタオルも貸し出しているのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。足湯は夜間以外、利用可能となっております。

浅虫温泉駅周辺の格安旅館・ホテル一覧

  • 浅虫温泉  津軽藩本陣の宿 旅館柳の湯

    津軽藩の本陣の宿で2種類の露天木風呂と古ひば風呂

    クチコミ平均点
    4.31
    住所:青森県青森市大字浅虫字山下236
    クチコミ平均点
    4.31

    浅虫温泉の湯元で総ヒバ造りの二つの湯が人気の津軽藩本陣の宿。 江戸時代からの歴史を持つヒバ風呂「御湯殿」と 現代の総ひば造りの露天風呂の二種類の名湯を抱える宿です。 陸奥湾でとれた魚介類中心の料理は四季折々の素材を活かし、 一品一品真心を込めて造られています。 皆様ぜひご利用ください。 浅虫の由来は、平安の頃、円光法師(法然)が放地の折、傷ついた鹿の湯あみを発見し、 当時布を織る麻を蒸す(麻蒸→浅虫)ためだけにお湯を使っていた村人に、 その湯治効果を教えたのが由来といわれます。

    [宿泊料金目安]
    9,900円~
    宿泊プランをみる
  • 浅虫温泉 夕日の宿 ホテル秋田屋

    【【陸奥湾を一望できる展望温泉大浴場「天の川」】】潮騒と湯けむりの宿

    クチコミ平均点
    4.00
    住所:青森県青森市浅虫字蛍谷293-12
    クチコミ平均点
    4.00

    ◆海と山の間(はざま) ~浅虫温泉~ 開湯1200年余を数える、青森のいで湯・浅虫温泉は平安時代、円光大師(法然)が傷ついた鹿が湯浴するのを発見し、全国に知られるようになったといわれています。 現在では、温泉のほかにも海水浴やウィンドサーフィン、ヨット、釣りなど存分に楽しんでいただける、リゾート地として皆様に大変、愛されております。 「ホテル秋田屋」では、いろいろな青森の遊・楽・食を常にご提案させていただきます。 浅虫の美しい海と青森市街の夜景を眼下に眺められる、秋田屋自慢の展望露天風呂「天の川」・展望大浴場 「渚の湯」でゆったりとした癒しの時間をお過ごし下さい。 また、浅虫ならではの新鮮な海の幸を、磨きぬかれた技と心でおもてなしさせていただきます。 みなさまのお越しを心より、お待ちしております。

近隣県から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す

地域から旅館・ホテルを探す

路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す

路線・駅周辺の旅館・ホテルを探す

温泉地周辺の旅館・ホテルを探す

温泉地周辺の旅館・ホテルを探す