お客様総合評価
4.0+

飯坂温泉 清流の宿 花乃湯

●全プランポイント5%保証●摺上川のせせらぎと100%天然温泉

福島県 | 飯坂温泉

旅館 ペット可

全室川に面しており、ベランダからの眺望が絶景なお宿です。

四季を通じて収穫される地元の果物と、
相馬・松川浦漁港より直送の魚介類、郷土豊かな季節のお料理をお召し上がり下さい。

自慢の温泉は、源泉かけながしの天然温泉で旅の疲れを
ときほぐし、心から癒される時間を感じるひとときです。
広々とした心地良い空間に包まれた趣きあるお湯を
お楽しみください。

泉質:弱アルカリ性単純温泉 ph8.3

指定された日の空室がありませんでした。

上部の検索に、ご宿泊希望のお日にちと人数を入力して「再検索」ボタンをクリックしてください。
検索条件に該当するプランがない場合は、お手数をお掛けいたしますが、条件を変更して「再検索」をお願いいたします。

基本情報

宿からのメッセージ Update: 13/05/15 12:15

◆お風呂◆ 源泉かけながし天然温泉のお湯をじっくりとお愉しみください。 ◆お料理◆ 四季を通じて収穫される豊富な地元の果物と、 相馬・松川浦漁港より直送される新鮮な魚介類をふんだんに使った お料理をお召し上がり下さい! ビジネスプラン用のお料理ですが、充分満足いただけます!

施設情報

住所
福島県福島市飯坂町湯野切湯ノ上32 MAP
客室数
17室
最大宿泊人数
100人
築年/改築年
1995年 / -
食事
2食付、食事なし
チェックイン/チェックアウト
15時00分 / 10時00分
送迎
10名以上のお客様の送迎をさせていただきます。

入湯税

大人
150円
子供
150円
乳児
0円

泉質・効能

泉質
単純温泉
効能
冷え性

浴場設備

備品
ドライヤー、シャワーキャップ、カミソリ、ボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸

施設・設備

体育館
有料/手配含む
将棋
囲碁・マージャンも有り(有料)
ラウンジバー
酒処 「たつみ」 営業時間 18:00~23:00
宴会場
収容人数:大・70名 中・35名
会議室
収容人数:座り 50名 机 30~40名
売店
営業時間 7:00~20:00
自動販売機
カラオケルーム
有料 営業時間 18:00~23:00
マッサージ
有料/手配含む
ルームサービス
宅配便

ご利用に際して

一般情報
※現地では、クレジットカードでのお支払いはできません。

※バスタオルをご希望の場合、一枚につき別途210円頂きます。予めご了承下さい。

・くし・ブラシ、めん棒、ドライヤーはお風呂場に設置しております(無料)髭剃りはフロントにてお渡しします(無料)

・冬季期間(11月~3月)は暖房費として1部屋につき1,000円頂きます。予めご了承下さい。

・夏季期間(6月後半~8月末)は冷房費として一部屋1,000円頂きます。ご了承下さい。

<ペット同宿可(室内犬のみ)>
・ご予約の際に質問回答欄にご記入お願いします。
・1匹につき1,000円(最高2匹まで)
・ケージ(かご)をご持参下さい。
・ペットはしつけがある程度されているようお願い致します。
補足・注意事項
※バスタオルをご希望の場合、一枚につき別途210円頂きます。予めご了承下さい。

・冬季期間(11月~3月)は暖房費として1部屋につき1,000円頂きます。予めご了承下さい。

<ペット同宿可(室内犬のみ)>
・ご予約の際に質問回答欄にご記入お願いします。
・1匹につき1,000円(最高2匹まで)
・ケージ(かご)をご持参下さい。
・ペットはしつけがある程度されているようお願い致します。

決済方法・キャンセルについて

支払方法
キャンセルについて
「〜日前まで」の表記は、間の日程を含みます。
不泊(無連絡のキャンセル)時
宿泊料金の%

会員登録があればお電話でも
予約申込ができます!電話予約はこちら

03-4455-7850

受付時間
10:00〜14:00(平日)

クチコミ

総合評価

45

項目別の評価

部屋
4/5
対応
5/5
食事
4/5
風呂
3/5
眺望
5/5
環境
4/5

総合評価

55

項目別の評価

部屋
4/5
対応
5/5
食事
5/5
風呂
4/5
眺望
4/5
環境
4/5

総合評価

45

項目別の評価

部屋
4/5
対応
4/5
食事
4/5
風呂
4/5
眺望
4/5
環境
4/5

周辺情報

  • 片岡鶴太郎美術館

    2003年7月20日に開館。片岡鶴太郎氏の初期のダイナミックな作品から、繊細な陶器の
    作品や屏風等、種類別に約70作品を展示している。

  • 中野不動尊

    恵明道人がカモシカに導かれてこの山に山神のお告げによって三ケ月不動明王を祀り、
    九字の火を点したのが始まり。その聖火は、いまも洞窟の中に燃え続けています。