★函館100万ドルの夜景入口まで徒歩10分★ 節約旅行に最適な宿♪

ハウス ヤマダ

北海道 | 函館

ビジネスホテル

アクセス・地図

住所 北海道函館市宝来町30-17
駐車場 収容30台 無料 ※ カーナビで設定…栃木県那須郡那須町湯本206-537がベストです。
交通情報 ◆電車でお越しの場合
・JR函館駅より車で5分
・函館駅前より市電で10分、「宝来町」電停より徒歩5分
◆お車でお越しの場合
・八雲ICより5号線を函館方面へ約1時間
◆注意事項
・函館空港から車で15分
無料送迎 なし

周辺地域
情報

  • 函館山ロープウェイ

    125名を一気に運ぶビッグなロープウェイで、函館観光のメイン、函館山・夜景へ。ゴンドラから間近に教会群を見おろし、やがて両側にせり出した海と函館の街が広がっていく。誰もが感嘆の声を上げる感動的な景色を望む山頂展望台まで、わずか3分。

  • 函館山夜景

    函館の夜景は世界三大夜景のひとつとして有名。函館港と大森浜の海に挟まれた街の形に灯りがくっきりと浮かび上がって、間近に迫ってくる光景は圧巻。山頂の展望台へはロープウェイ利用がオススメ。ロープウェイの中から眺める夜景がまた違った趣を見せてくれる。

  • 五稜郭タワー

    北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞。幕軍と官軍の最期の戦いである箱館戦争の舞台となったことでも有名。4月下旬から園内のソメイヨシノが一勢に咲き誇り、花見の名所に。市民創作野外劇の会場としても使われている。

  • 函館朝市

    朝5時には早くも威勢のいいかけ声が飛びかう、函館の市場の代表格。旬の魚や野菜、果物、乾物、菓子まで450軒もの店舗がひしめきあっている。ウニ、イクラをのせた丼やイカソーメン、三平汁などが食べられる食堂も多数あり、人気を集めている。

  • 赤レンガ倉庫群

    商港函館の最初の営業用倉庫として明治末期に建造されたもの。現在,赤レンガ倉庫群はそのままの外観で海鮮レストラン・ビアホール・ショッピング街・多目的イベントホールとして再生し,観光客で賑わうスペースとなった。

  • トラピスト修道院

    1894(明治27)年、当時の函館教区長A.ベルリオーズ司教がトラピスト会総長に日本に創立の可能性を打診したのが始まり。信徒により函館郊外、当別の原野が寄進され、1896(明治29)年10月末には9名の修道士の来日をみた。そして、同年11月21日聖母奉献の祝日にベルリオーズ司教の司式で修道院の開院式が開かれて、教会法的に正式な創立となった。

  • 旧函館区公会堂

    明治の栄華と気品が香る壮麗な洋館で昭和49年(1974)に国の重要文化財に指定。基坂の下から見上げるスカイライトグレーとレモンイエローの鮮やかな外観は元町のランドマークとなっています。

  • 啄木小公園

    「潮かをる 北の浜辺の砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや」わずか4ヶ月あまりの函館の暮らしでしたが、啄木が好んで散策した大森海岸沿いにあるこの公園には函館山を背に啄木像が建っています。

  • 大沼公園

    函館より北に約25キロ、道南の雄「駒ケ岳」の裾に大沼、小沼、じゅんさい沼の3つの沼からなる景勝地。‘北海道の軽井沢’として知られ、新日本三景にもえらばれている国定公園。